2010年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2010年06月の記事

アニメーション演習B

木曜日の午後は「アニメーション演習B」
3年生のための授業です。

テーマは <私に関するストーリー >
自分が体験したことを元に、エピソードをピックアップし
まずは文章を作り、それを自分で朗読して録音
さらにそれを聞きながら画コンテを描き、短編アニメーションを作り上げる!
個人制作のための演習です。

まずはシナリオとなる文章を書いて、みんなの前で発表です。

マイストーリー クラスメイトの発表に聞き入る

それぞれの学生の、それぞれのマイストーリー。

実際に体験した時の状況や心の動きを盛り込むのがポイントで
単なる事件の報告で終わらないように
気の利いた面白い文章を書くのは大変!

先生のOKはなかなか出ません!
しかし、この授業から数々の名作が生まれているのも事実。

さあ、今日こそ先生の「イイね!」の一言が出るでしょうか?


(教員:森まさあき)

アニメーション研究C 第2章!

先週までの<身体表現>から一転して、今日から2人目の先生登場です!
その名は、こづつみPON先生!

こづつみPON先生

CMの仕事を中心に活躍されている
現役バリバリの職人的な名アニメーターです。

初日の授業の様子はどうかな〜?と、のんびり教室をのぞきに行ったら
教室中を学生達がワサワサと動き回っていて、スゴイ事に!

PON先生初日!

今日のテーマは「歩き」のメカニズムをしっかり覚える!
ほ〜ら、やっぱりね!
アニメーションの基本は、人形だろうと、2Dだろうと一緒なんです!

とにかく今日は、描いて・描いて・描いて!

とにかく動画!描くべし!

撮って、撮って、撮って!

撮るべし!

そしてまずは、自己チェック!チェック!チェック!

チェックすべし!

そこにPON先生の厳しいチェック&アドバイスが
入る、入る、入る!

そして熱血チェック!

PON先生、全6週間その熱血指導で
学生達をユッサユッサと揺さぶり続けて下さい!
どうぞよろしく〜!

今日も汗だくPON先生!


(教員:森まさあき)

立体アニメーション Part-3

今日の立体アニメーションは、いよいよ「走り」の撮影です。
一歩ずつ地に足を付ける「歩き」とは違って
「走り」は空中に身体が浮きます。

となると・・・
そうです!<吊り>のテクニックが必要となります。

「走り」の撮影「走り」の撮影

ニコニコと楽しそうに作業していますが
実は糸吊りのテクニックはとても神経を使います。

授業では先生特製の簡易吊り具を使っての実習です。

特製簡易吊り具吊り具吊られた人形立ち

これをセンチュリーと呼ばれる撮影用スタンドに取り付けて作業します。
何人もの学生が同時にアニメートするので
撮影台の上は結構複雑なセッティングになってしまいます。

吊り具を使う吊り具を使う吊り具を使う

さ〜て、糸が絡んでケンカしないように
上手く走らせることが出来るでしょうか?


(教員:森まさあき)

ZOKEI ANIMATIONS

東京造形大学のアニメーション専攻領域を、もっとよく分かっていただくために「ZOKEI ANIMATIONS 2003〜2010」というDVDを作りました。
豪華2枚組みです!

ZOKEI ANIMATIONS DVD

Disc1は、2003〜2009年までに作られた
東京造形大生のアニメーション作品のベストセレクション盤!
12作品が一挙に楽しめます。

Disc2は、授業課題選集!
年次別、授業別に、課題作や卒制など2010年までまとめたもので
アニメーション専攻領域でどんな授業が行われているのか
よく分かるようになっています。

造形大のアニメってど〜よ?と
興味ある方は、進学相談会やオープンキャンパスなどで
「欲っし〜い!」とぜひねだって下さいね。

また近々このWebZoでも
それら作品が動画で見られるように只今準備中〜!
ふっふっふっ・・・お楽しみに〜!


(教員:森まさあき)

アニメーション研究E

アニメーション研究Eは前期の金曜3〜4限目。
4年生のための授業です。

アニメーション研究E

教室は視聴覚教室1−101
授業を担当するのは専任の小出・木船・森
アニメーション砦の3教授です。

緊張の発表!

今日は卒業制作の中間チェックの日。
昨年よりも今年は卒制指導を細めにやろう!と
3教授が揃って制作の進み具合をチェックするこの報告会も、今回で2回目。

ドキドキ発表!

みんなちょっと緊張しながら発表していますが・・・

思った以上に制作状況がモタついている学生が多く
アドバイスをする先生はイライラ!

先生も大変〜!

でもイライラしているのは学生も一緒。
やはり4年間の集大成となる卒業制作は
プレッシャーもあって、なかなか手強いのかな?

頑張れ4年生!

次回の中間発表会は7月23日。
夏休み直前となるので何とか形を整えないとね!
就活より卒制が先だぞ〜!
頑張れ4年生!
早く本気で燃えてくれ〜!


(教員:森まさあき)

アニメーション研究C Part2

やって来ました!木曜日の朝!
アニメーション研究C「身体表現」

身体表現

今日はいよいよ第6回!
細川先生の最後の講義です!

いつも以上に力の入る<シスターひろみ>こと細川紘未先生!

シスターひろみ先生

今日は6週間の締めくくり、と言うことで
細川先生の創作パフォーマンス<The Ocean>を
講義のラストに学生達の目の前で特別に披露してくださいました。

The Ocean

緊張感漂う中で、パフォーマンス開始!

パフォーマンス!

学生達には何よりも貴重な経験になったことでしょう。
細川先生ありがとうございました!


(教員:森まさあき)

立体アニメーション Part-2

以前にも御紹介しました火曜日の1〜2限「立体アニメーション」
いよいよみんなの手作りの人形が上がってきました。

アニメーション用の人形作りは初めて!と言う学生ばかりですが
個性的かつユニークな人形が揃っています。

初めての人形人形たち・・

人形たち・・・人形たち・・・・

さて今日は、いよいよコマ撮り撮影の開始です!

背景の紙を選んで、アングルを決め、天板がコルクボードになった撮影台に
人形の足を虫ピンで挿して固定します。まさに「初めの一歩」です。
上手く歩くかな?

コマ撮り開始!コマ撮り開始!!コマ撮り開始!!!

アニメーションの動きの基本は「歩き」と「走り」
まずは「歩く」という動作のメカニズムを考えながら
1コマずつポージングしていきますが、なかなか思うようにはいかず
途中でせっかく作った人形の足や手がポロッと骨折したりして
教室のあちらこちらから悲鳴が・・・
ハハハハ、みんな頑張れ〜!

教室風景


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ICAF2019
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 2019

全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションフェスティバルです。2002年に始まり今年で17回目を迎えます。
ここに集められた作品群を観ることで、学生アニメーションの今、最も新しいエネルギー、そして未来を感じていただけると思います。ぜひとも「学生アニメーションの最前線」にお出掛けください!

■ 2019年9月26日(木)〜29日(日)
■ 国立新美術館
 (3F講堂・研修室)
■ 入場無料
■ スケジュールなど
 詳しくはHP → www.icaf.info


ICAF2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK