2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

式典の記事一覧

新体制スタート!

4月を迎え、東京造形大学の2017年度のスタートが掛かりました!


新たなスタートと言うと、実はこの4月から東京造形大学の学長も新らしく代わり、東京造形大学自身も新たなスタートを切りました。



入学式で頭にウォークマンを乗せた新学長の祝辞がありました。
そんなユニークな新学長を囲む大学のメインとなるメンバー構成も一新し、東京造形大学はこの春からグッと新しい学園を目指します。

入学式の開幕前にドキドキしながらはしゃぐ5人!
写真右から、ピースサインを出した山際康之(学長)、生嶋順理(副学長)、森まさあき(副学長)、春日明夫(研究科長)、森田俊昭(学部長)です。
新しい造形大をどうぞ応援、そして御期待下さい!


(教員:森まさあき)

卒業式!

晴れ渡った青空の下、今年も八王子オリンパスホールで卒業式が行われました。
東京造形大学アニメーション専攻第11期生の旅立ちの日です。




今年の卒業生は大学院生も合わせるとアニメーションは約45名。
中には苦労して卒業までに到った学生も居て、その感慨はひとしお。
ホールロビーにて、恒例の集合写真をパチリ!

卒業式には親御さんも多く御出席され、それぞれの熱い気持ちを胸に、にこやかにこの日を迎えられたようです。

式典の後は、同じ八王子にある京王プラザホテルで謝恩会!
コスプレ?というよりオーバーメイクのような変身姿の学生も混じって、先生も学生もワイワイと賑やかに卒業を祝いました。



元気に羽ばたけ!ZOKEI大生!


(教員:森まさあき)

The NEW!

東京造形大アニメーション専攻の新しいDVD「ZOKEI ANIMATIONS 2016」が完成しました!
新年度のこの時期に合わせて出来上がったばかり。1年間の授業成果や作品をまとめた豪華2枚組みのホッカホカなDVDです!

Exif_JPEG_PICTURE

今年のジャケットは新4年生の烏山亜弓(うやまあみ)さんのイラスト。
禁断の果実=造形大の「Z」をかじるホラーチックな少女の瞳が印象的!
進学相談会やオープンキャンパスなどで配布されますので、ぜひゲットしてじっくりとお楽しみ下さい!

先週4月5日に入学式が行われ、アニメーションの新1年生も46人が無事に入学を果たし、NEWフェイスたちが揃いました!
nyu-01 nyu-03

翌日はすぐに1年生の履修ガイダンス!
造形大アニメーション専攻も一気に新しく!そして賑やかになって、いよいよ新学期のスタートです!
sinjin


(教員:森まさあき)

卒業式!

小雨のパラつく八王子オリンパスホールで、今年も卒業式が行われました。
東京造形大学アニメーション専攻は10期生の旅立ちの日です。
IMG_2348IMG_2365

今年の卒業生は大学院生も合わせるとアニメーションは約50名。
みんな思い思いの気持ちを胸に、この日を迎えました。
IMG_2398

親御さんも先生も大集合!
おめでとう!おめでとう!
笑顔一杯の楽しい一日でした。
IMG_2394
malch

式典終了時には雨もすっかり止んで天気も好転!バンザ〜イ!
みんなその笑顔を忘れずに
羽ばたくんだ!ZOKEI大生!


(教員:森まさあき)

ニューフェイス

八王子駅前オリンパスホール

4月6日(月)は午前中から入学式が八王子駅前のオリンパスホールで行われました。

ザ・入学式 記念の写真大会!

卒業式と同じ場所での式典ですが、卒業式とはまた違った雰囲気で、新たな気分に!

入学式もオリンパスホール!

親御さんも多く出席する入学式。
せっかくいらしたので、午後に造形大キャンパスを巡る「キャンパスツアー」を行いました。

キャンパスツアー

キャンパス内は、まだまだ桜が見頃で、ポカポカ陽気の中、ハラハラと花びらの舞うキャンパスをテクテクと巡って、アニメ教室に到着してワイワイ!

翌日の火曜日は新入生のための履修ガイダンス日。今年の新入生は48名。
一堂に会して、真剣にガイダンスを受けています。

ガイダンス風景

最後に恒例の記念写真をパチリ!

新1年生48人!

同時期に大学院生もニューフェイスが揃いました。
今年の大学院、アニメーションには6名が入学しました。

新大学院生も大集合!

2015年4月、新風の吹く造形大アニメーション専攻。
今年も元気良く行きましょう!


(教員:森まさあき)

卒業式!

桜のつぼみも膨らんだ3月19日。
八王子駅前のオリンパスホールで、今年も卒業式が華やかに行われました。

造形の三色フラッグ!

先生達もドキドキ! オリンパスホール

正式名称は「学位授与式」
大きな劇場で迎える式典は、やはりちょっと背筋がシャキッとします。

4年間、色々ありましたが、何より晴れやかにこの卒業式が迎えられて、先生達も嬉しい限り!卒業生達もニッコニコ!

フレッシュ!

今年のアニメーション専攻は第9期生の卒業です。
おめでとう!頑張れ!そして元気に羽ばたけ造形大生!

卒業おめでとう!9期生

あ、続く謝恩会ではひかえめながらお約束のコスプレ娘も登場ね!
↓↓↓
謝恩会のコスプレ娘たち


(教員:森まさあき)

いよいよスタート!

桜も満開になった4月3日(木)
東京造形大学の2014年度がスタートしました。
まずは履修ガイダンスから!

履修ガイダンス

この日は新2年生から新3年生、新4年生が、次々とガイダンスを受け
分厚い履修の手引き本を片手に、数あるカルキュラムの中からどの授業を選んで
卒業に必要な単位も確保しながら、この1年をどう計画的に過ごすか?
あれこれと迷いつつも、これはいわば自身の学習に関するデザイニングを考える日なんです。

新学期でモチベーションが高い今こそ、色々と思いをはせて楽しみながら履修計画を立てて欲しいな〜!

さて、翌4月4日(金)は入学式!
桜舞い散るポカポカ陽気の中、卒業式と同様に八王子のオリンパスホールで行われました。

桜舞い散るオリンパスホール 記念写真に大人気の入学式看板!

今年のアニメーション専攻の新入生は48名。
晴れ着姿で色とりどりだった卒業式とは打って変わって、ほぼ黒1色のダークスーツ姿の新入生達。みんなちょっと緊張した様子。

しかし、そんな彼らの気持ちをほぐすべく、一大パフォーマンスで会場を沸かせたのは、東京造形大学の母体となる桑沢デザイン研究所の所長:浅葉克己先生!
客席に向かって突然取り出したピンポン球を元気にスマッシュする「愛のスマッシュ!」や、レトロな特殊カメラで舞台上から「客席撮り!」などなど、今年も素敵な祝辞と共に会場を大いに盛り上がらせて下さいました。

振り返って先生達までもパチリ!

祝辞には客員教授の田中眞紀子先生も登場!さすがの雄弁振りで会場から写メしまくられていました。

式典の後は、ビデオ上映やフォルクローレ部の生演奏など、造形大らしい若々しい入学式となりました。

フォルクローレ部

さて明日4月5日(土) はその新入生のための履修ガイダンス日!
大学という新しい環境に戸惑うかもしれませんが、何より「学べる楽しさ」にワクワクして欲しいですね。

春爛漫の4月、東京造形大学が新年度を迎えて今、大きく動き出しました!


(教員:森まさあき)

卒業〜!

春の暖かさ一杯の八王子!
今年もJR八王子駅近くのオリンパスホールで卒業式が行われました。
アニメーション専攻にとっては第8期生の卒業式。
また大学院生の終了式も一緒に行われました。

オリンパスホールでの卒業式!

アニメーション専攻を代表して壇上に上がり
有吉徹、新学長から卒業証書を手渡されたのは
藤色の羽織袴姿で登場した栗原ひとみさん。

今年のアニメーション専攻は就職決定率がとても高く
栗原さんも4月から大手アニメーション制作スタジオで
アニメーターとしての仕事がスタートするとのこと。
いや〜めでたい!

卒業証書を受け取っての記念撮影!

今日はまさに全員が、それぞれの未来に向かってにこやかに羽ばたく日です。

卒業式が終わると、同じ八王子のホテルにて祝賀会!
そしてさらに、謝恩会を兼ねた飲み会!
別れ際にみんなで恒例の「変顔写真」を撮ってとりあえず解散〜!

変顔ポーズで明るく解散〜!

と、今日は何処まで続くのでしょう・・・?


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF2017
今年もICAFの季節がやって来ました。アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりを一同に会した夢のフェスティバル。今年の参加校は28校。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)
       〜18日(祝)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他スケジュールなど、今年の詳細はこちら


ICAF2017

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK