2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

入試の記事一覧

一般入試試験開始!

2月に入り、今日から東京造形大学の一般入試試験が始まりました。
ここ数年、雪の影響のあった造形大の入試ですが、今日は晴天、しかもこの時期にしては比較的暖かな一日となりました。
IMG_4863

午前が学科試験、そして午後は実技試験です。
頑張れ受験生!

試験期間は2月9日まで。
合格発表は2月10日です。
無事合格をお祈りしています。
そして、春には笑顔でお会いしましょう!


(教員:森まさあき)

入試モード

早いもので、今年もあと残すところ2ヶ月!
東京造形大学も来年に向けて入試モードに入っています。

10月の最終日の31日(土)にはAO入試の面接試験がありました。
造形大入学を志願する受験生が緊張した面持ちで会場に集まってきました。

IMG_1656IMG_1668

自己アピール入試は現役・浪人を問わず、広く学生に門戸を広げるために設けられた入試システム。それぞれ自分の個性や造形大に対する思いを精一杯アピールして面接試験に挑みます。

これに合わせて11月の末には指定校入試という、出身高校から推薦された学生の面接試験も行われます。一般入試は来年2月から!

IMG_1662

来年に向けて、未来に向けて、東京造形大学のキャンパスも
その周りの森と共に、秋の景色を深めていきます。


(教員:森まさあき)

入試開幕!

2月の声を聞くと恒例となった東京造形大学の入試がスタートします。
今日2月1日は日曜日。先週金曜日に振った雪がまだ残る寒い寒い造形大キャンパスですが、熱い熱い入試が始まりました!

雪の残るエントランスまでの心臓破りの坂!

初日の今日、午前中はデザイン学科の学科試験。午後は実技試験です。
造形大合格を目指す受験生達が、朝早くJR「相原駅」から造形大に向かって集まって来ました。

鉛筆デッサンや平面構成など、午後からの実技試験の道具を持参してくる受験生は、キャスター付きの大荷物をガラガラ牽いて、「心臓破りの坂」とも呼ばれる造形大のエントランスに向う急な坂を元気に登って来ます。

この寒さの中、合格への希望を胸に抱きながら、造形大に向かうこの気持ちを忘れなければ、4年間きっと悔いのない学生生活が得られるのでは?と思います。頑張れ受験生!

午後の試験を終えると外ももうすでに暗くなり始め、またガラガラと荷物を牽きながら、帰路につく受験生達。お疲れ様〜!
今週は、こんな光景が続きます。

お疲れ様〜!

この受験の経験がきっとみなさんの「やる気」になる!と信じています。
みんな頑張れ!
東京造形大学はチャレンジする受験生を温かく応援しています。


(教員:森まさあき)

一般入学試験始まる!

毎年2月の声を聞くと、造形大も入試のシーズンの到来となります。
今年も本日2月1日(土)から一般入試が始まりました。

いよいよ一般入試の始まりです! 入り口の看板!

少子化の影響もあって、今年は残念ながら例年より受験者数は減少傾向にあります。じゃあその分入りやすくなったか?と言うと、それは専攻によって事情はマチマチ・・。

でも入りやすくなってからと言って、せっかく入ったのにダラダラやっていると、出るのはとても大変です。
ちなみに在校生の成績付けも今日が締め切りで、ダラダラやっていた学生は留年が決定になったり・・・。

人生色々、ゆく年来る年、進学や進級または卒業!と駒を進める学生もあれば、ボンヤリばかりしていてもう1度やり直さなければいけない学生、そこにこれから入りたい!と願う人たちが混じり合って、今がカオス状態真っ盛りの東京造形大学。

でも何はともあれ、入学をキメなければ何も始まりません!
頑張れ受験生!


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF2017
今年もICAFの季節がやって来ました。アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりを一同に会した夢のフェスティバル。今年の参加校は28校。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)
       〜18日(祝)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他スケジュールなど、今年の詳細はこちら


ICAF2017

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK