2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2011年07月の記事

ダブル? いえ、トリプルです!

夏休み直前の今日は、授業最終日。
アニメーション専攻領域の演習教室では
午前中1〜2限が「アニメーション研究C」で
6週間担当して下さった、こづつみPON先生の最終講評授業。
また午後3〜4限は「アニメーション演習B l」で
私、森が担当する前期最終講評授業。

どちらも3年生のための授業ですが
午前も午後も課題の発表&講評授業となるので
3年生にとっては正念場となります。

熱血こづつみPON先生

まずは6週間の締めとなるこづつみPON先生
「人より目立つ作品を!」という課題でのショートアニメ作品
学生の作品1つ1つに丁寧で熱いコメントが付けられます。

アニメーション研究C

今日は最終の講評会と言うこともあるので、私も一緒に講評をして
授業はダブル体制で進められました。

朝からの長い3時間が終わると
短い昼休憩を挟んで午後の講評授業!

午後の「アニメーション演習B l」は
自分の経験をシナリオにしてショートアニメを作る
「私に関するストーリー」という課題です。

前期最終となる今日は、せっかくなので特別に
本校客員教授でもある山村浩二先生をお呼びして
厳しい眼で一緒に課題の講評をしていただきました。

山村浩二先生登場!

造形大の大先輩でもあり、アニメーション作家として大活躍
9月にはいよいよ待望の新作「マイブリッジの糸」も公開される山村先生。
大作家の出現で学生たちの緊張はピークに!!!
発表するその声も震えがちです。

大緊張〜!

こづつみ先生は、午後の授業にもお付き合い下さったので
結局午前中はこづつみ&森のダブル講評会
午後はそれに山村先生が加わって何とトリプル講評会となり
夏休み前の最終授業はゴージャスに終わりました。

重なった課題提出をこなしたり
発表に緊張したり
貴重なアドバイスをもらったりで
休み前に良い経験になったのでは?

トリプル!

夏休み中に指摘された部分をブラッシュアップして
夏休み明けたら、ピッカピカに磨かれた作品に仕上がっていることを
祈っています。


(教員:森まさあき)

オープンキャンパス初日

いよいよオープンキャンパスの幕が上がりました!
期間はこの土日の2日間!

東京造形大学キャンパスの雰囲気を盛り上げよう!と、森ゼミZ団が秘密のベールを脱いで、いよいよ登場です。

森ゼミZ団登場!

怪しい集団!?
いえいえ、この日のために密かに用意していた衣装や小道具、そして得意技の数々で、キャンパス中を練り歩き、皆さんに笑顔と元気を振りまきます。

森ゼミZ団登場!

森ゼミZ団登場!森ゼミZ団登場!

猛暑の中で大変ですが、目一杯の明るさでオープンキャンパスを盛り立てています。

もちろん教室では各種展示や上映会、そして特別講演会など盛りだくさん!

オープンキャンパスは、本日日曜日16時まで!
是非応援しに造形大にいらして下さい!

森ゼミZ団は行く!


(教員:森まさあき)

オープンキャンパス準備

いよいよ今週末の7月16日(土)と17日(日)は、オープンキャンパスが開催されます。
これから東京造形大学に受験しようかと考えてる受験生の皆さん、また造形大学ってどうよ?ちょっと様子を覗いて見ようかな?と思っている皆さんのために、大学がドド〜ン!と門を開きます。

特にアニメーション専攻領域はメニューが盛りだくさん!
新しくなった教室施設の公開や授業内容の展示、アニメーション作品の上映会、公開授業、特別講師の講演会、もちろん受験相談をやったりと、スペシャルな企画がてんこ盛り!

学園祭とは違うけれど、派手さと賑やかさでは負けず劣らず、大学中がお祭り状態になる楽しい楽しい大イベントです!

毎年このオープンキャンパスのムードメイカー的、盛り上げ役を目標としている森ゼミのメンバーも今、開催を直前に控えて、準備と練習に大わらわです。

森ゼミZ団!

今年は「森ゼミZ団!」という謎のパフォーマンス集団に挑戦です。

森ゼミZ団!

な〜んじゃそれ?
と、お思いでしょう。
ふっふっふっ・・・

森ゼミZ団!

特別コスチュームも準備中〜!
大学全体に元気のパワーを振りまきます。
どんなものになるか?
ぜひオープンキャンパス当日
その眼でお確かめ下さい。

7月16日(土)と17日(日)の、オープンキャンパスでお待ちしています。


(教員:森まさあき)

『先輩』

ZOKEI ANIMATIONSの中から、今日はこの3月に卒業した第5期生
村田 茉奈美(むらた まなみ)さんの卒業制作を紹介します。

題名は『先輩』。村田さんが高校時代に憧れ、影響された先輩のことをアニメーション作品にしました。
真面目で一生懸命な村田さんの人柄が偲ばれる温かいストーリーです。


■『先輩』/村田 茉奈美 2011年(3’40)

大震災の影響で、卒業式典が上げられなかった今年の卒業生たち。無事卒業はしたけれど、その後元気にしてるかな?と心配していたところに、村田さんからメッセージが届きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。『先輩』を制作した村田茉奈美と申します。

3月に造形大を卒業し、現在はTV・劇場アニメの仕上げ作業を請け負う会社で働いています。
大学で作品を制作しているときも感じていたのですが、アニメは本当に地道な作業の積み重ねなんだということが改めて身に沁みているところです。同時に、大好きなアニメの仕事ができていることを嬉しく思っています。

私は大学の四年間、常に自信がないままに作品制作をしてきました。傑作を残せたかと聞かれると、胸を張って「作れました」とはちょっと言いにくいのですが、制作に一生懸命打ち込んだことで得たものはたくさんありました。

そして何より、一生ものの友人と、素敵な先生方に出会うことができ、本当に楽しく充実した四年間を過ごすことができました。

これから造形大を目指す皆さんは、とても大変な時期にいると思いますが、友人、学校や予備校の先生や、ご両親、などなど、周りにいつも応援してくれている人がいるという事を忘れずに、乗り越えて頂けたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
村田さん、ありがとう!
頑張って下さいね。その通り応援してますよ〜!


(教員:森まさあき)

「立体アニメーション」前期

「立体アニメーション」の演習授業も一通り人形制作が終わり、いよいよコマ撮り撮影に入っています。
前期の「立体アニメーション」は、アニメーション専攻以外の学生達に門戸を開いた授業ですので、人形作りはおろか、コマ撮り撮影も全く初体験の学生がほとんどです。
でもなかなか個性的な人形がそろいました

「立体アニメーション」前期

「立体アニメーション」前期

撮影には、今年からドラゴン・ストップモーションという新しいソフトウェアを導入し1眼デジカメをMacでコントロールする撮影方式になったので、初めのうちはシステム環境を整えるのに四苦八苦しましたが、何度かやっていく内に慣れて、動かすことに専念できるようになりました。やれやれ・・・

「立体アニメーション」前期

「立体アニメーション」前期

「歩き」のアニメートをマスターした後、今日はいよいよ吊りのテクニックを使った「走り」のアニメートに挑戦です!
空中に人形を浮かせる。慣れない吊りの技術で、その難しさと楽しさを早く覚えてね〜!

「立体アニメーション」前期

デッサンと同様に、基本は絶対に必要なんです。
人形を思いのままにコントロール出来る日は近いのか!?
悪戦苦闘しながらも、撮ったコマ撮りをその場でチェックできる楽しさは格別で、モニター画面を見ては思わずこぼれる笑い声が教室に響きます。


(教員:森まさあき)

アニメーション研究C

2011年の前期授業も8週目に入りました。

3年生の演習授業「アニメーション研究C」は身体表現のシスターひろみ先生からバトンタッチして、先週からこづつみPON先生が御登場です。

CMやTVなど実践的な場でアニメーションを御仕事としているこづつみ先生は、授業も実践的。まず動きのメカニズムを考えた「歩き」のアニメートの矯正。動画をどんどん描かせて撮影しその場でチェックしてフィードバックさせながら問題点を見つけ出し、すぐに直しを入れさせるという方法で、どんどん腕を磨かせます。

また、「人より目立つための企画」をテーマに、ショート作品のためのアイデア出しもどんどんさせます。

アニメーション研究C

今日はそのアイデアのコンテ・チェック。
どういう意図でこういうことを考えたのか?
もっと面白くするにはどうしたらよいと思うか?と
質問!質問!質問!・・・

熱血指導に拍車が掛かります。

こづつみPON先生PON流熱血指導!

アイデアを持ち込んだ学生1人1人に時間を掛けて
丁寧に丁寧に指導!
ありがたいな〜!

節電で設定温度も高めの教室ですが
PON先生の授業は、それ以上にHot isn’t it!
木曜日アニメーション専攻は午前中からメッチャ燃えています。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■2017年度 CS祭
  Creative Spiral Festivai
  
今年も東京造形大名物の「CS祭」が開催されます。
学生による自主性を尊重した芸術祭!ということで、毎年様々な作品展やグッズマーケット、バンド、イベント、パフォーマンス、フードコートなど、個性あふれた賑やかなお祭りとなります。
アニメーション専攻でも上映会はもちろん「受験よろず相談」などお馴染みのコーナーから、学生企画てんこ盛りでお待ちしていますので、ぜひ遊びにいらしてください。

2017年度 CS祭
10月20日(金) 12:00-20:00
10月21日(土) 10:00-20:00
10月22日(日) 10:00-20:00

JR相原駅から
無料スクールバスでどうぞ!

2017年度 CS祭

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK