2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

イベントの記事一覧

桑沢バスツアー

年に1度の大行事、桑沢バスツアーが今年も後期授業が始まる前日、9月5日に行われました。
姉妹校である桑沢デザイン研究所の1年生が、今年は約160名!4台の特別チャーターバスに乗り込んで、相原の森の奥底(笑)、東京造形大学のキャンパスを訪問しました。

渋谷&原宿という大都会にある桑沢キャンパスと比べると、いきなりの森林浴体験!?
環境ギャップも感じながら、まずは学食でランチを楽しんだ一行は、今年も特別講義「森副学長による魅惑のコマ撮り粘土アニメSHOW」を楽しみました。



いきなり副学長のウェルカム・ソングから始まった今年のスペシャルSHOWは
iPadによる人間コマ撮り実演や、実際に目の前で見せるコマ撮り粘土アニメーションのライブSHOWなど盛り沢山!楽しんで頂けたようです。




そしてその後は、お待ちかね「桑沢×造形 卓球大会!」




強敵、浅葉克己卓球大魔王を相手に、今年は山際学長と生嶋副学長がハッスルハッスル!
卓球を終え、最後はいつものようにバックスタイルで坂を下りていく特別チャーターバスを山際学長自らが、にこやかに手を振ってお見送り!
まるで高級旅館の女将のような「お・も・て・な・し」モードです!(笑)



なにはともあれ、お疲れ様で御座いました〜!


(教員:森まさあき)

第17回広島国際アニメーションフェスティバル開催!

広島国際アニメーションフェスティバルが、今年も開催されました。

■8月23日(木)〜27日(月)
■広島:JMSアステールプラザ

2年に1度、世界各国の地域から応募されたアニメーション作品に、グランプリや優秀賞などを選考するコンペティション。
国内外の有名作家の作品、世界の優秀作品、特集上映、子ども向けの作品など盛り沢山の上映プログラム!
更にプレゼンテーション、展示会、セミナー、ワークショップなどなど!
国際フェスティバルにふさわしく大きなスケールで開催されるアニメーションの宝石箱!スペシャルな夏フェスです。





開催は5日間。このフェスティバルを楽しみに、全国から沢山のアニメーション関係者が広島に集まります。
教員達はもちろん、造形大在学生も、さらには卒業したOBたちも、み〜んなこのフェスを楽しみに集まってくるのです。
特に1度このフェスの楽しさを経験すると、2年に1度のこの広島が、たまらなく魅力的に感じる、不思議なイベントです。





世界中からやって来たお気に入りの作家さんにサインをねだったり、色んな人と友達になったり。
ここでしか見られないレアな作品も多く、またここで初めて出会う作品が多いのも魅力の1つ。
今年は特にエストニアの作品が数多く上映され、そのほとんどが初見の作品なのにビックリ!
開催中はアニメだけでなく観光やお好み焼きなどの名物も満喫して・・・
教室とはまた違った、とてものびのびした、良い笑顔をみんな浮かべていました。

あ〜、また2年後か〜!
再来年また来るぞ〜!
再会を約束して、5日間のイベントは無事に終了しました。


(教員:森まさあき)

ゲーム「嘘つき姫と盲目王子」

ゲーム会社、日本一ソフトウェアから「嘘つき姫と盲目王子」というゲームが発売されています。
横スクロール画面のアクションアドベンチャーもので、絵本を見るような不思議な世界観が話題になっています。
https://nippon1.jp/consumer/usotsukihime/





手描きタッチのキャラクターデザイン、およびイラストを担当したのが、東京造形大学アニメーション専攻第6期生、小田沙耶佳(おださやか)さん。入社7年目にして自身の企画したゲームがめでたく商品化された!と言う事で記念に、ゲームソフトを送って下さいました。ワ〜イ!

小田沙耶佳さんと言えば在学2年生の演習授業で作った『Flower Bird』と言う作品が印象的。鳥好きだという彼女が作ったモノクロの横スクロールのアニメーション作品は、すでに今回のゲーム世界に通じる部分を充分に感じ取れます。
『Flower Bird』

「嘘つき姫と盲目王子」発売を記念して東京でイラスト原画展を開催中!
会場:青山GoFa(東京都渋谷区神宮前5-52-2 相山オーバルビル2F)
会期:2018年6月 30日(土)〜7月29日(月・祝)
時間:12:00〜18:00
料金:600円



詳しくはこちらまで
https://nippon1.jp/consumer/usotsukihime/news/painting_exhibition/

造形大卒業生の活躍をどうか応援してあげて下さいね!


(教員:森まさあき)

専攻領域説明会!

今年も専攻領域説明会が始まりました!
初日、JR横浜線の止まるアクシデントがありましたが、晴天の中、造形大受験を考える方々が次々と御来場下さり、相談会場のCSラボは賑やでした。






特にAO受験を考えていらっしゃる方は、ぜひ!
本日6月10日(日)も12:00から16:30まで開催!
13:00〜からはアニメーション専攻の特別プレゼンテーションもあります。



やや雨模様のお天気が気になりますが、現役学生スタッフと一緒に
アニメーションのコーナーで、元気にお待ちしています!


(教員:森まさあき)

ANIZOの季節!

5月も半ば、初夏の陽気です。この季節といえばANIZOです!
毎年3年生が中心となって企画実施する東京造形大学アニメーション専攻の学生アニメーションの新作が、この初夏に芽吹く若葉のように、一斉に上映される大イベント。
今年も渋谷の桑沢デザイン研究所の1Fスペースにて開催されます。



まばゆい太陽と気持ちの良い風を浴びて、渋谷&原宿あたりを散策したその足で、桑沢でちょいと涼んでいきませんか?
クーラー冷やしてお待ちしております!(笑)

詳しくはこちらまで


(教員:森まさあき)

創設15周年イベント無事終了!

アニ魔人のフラッグがはためく表参道ヒルズにて、アニメ専攻創設15周年イベント「造形アニメーションのすべて」が、3月16日(金)〜18日(日)に開催されました。





上映にトークに展示そしてワークショップと、多彩なコーナーがそれぞれに賑わって、沢山の方に楽しんでいただけたようで、お陰様でとても賑やかな大イベントとなりました。



在校生から、卒業生まで、色々な世代のゲストが、貴重なトークや画像を披露しました。




ここまで大規模なイベントは、そうそう出来ないと思いますが
次は創設20周年記念でしょうか???
御来場いただき、誠にありがとうございました!


(教員:森まさあき)

アニメ専攻創設15周年記念イベント!

東京造形大学アニメーション専攻、創設15周年を記念する大イベント「造形アニメーションのすべて」が
3月16日(金)17日(土)18日(日)の3日間、表参道ヒルズのスペース オーにて開催されます。



これは現在グラフィック専攻が行っている、走るアートミュージアム「山手線ジャック」に負けじ!と、アニメーション専攻が仕掛ける、一大、造形大アート・キャンペーンの一環です。

お陰様で設立15周年を迎えるアニメーション専攻が、その創設前の歴史も振り返りつつ、ここから飛び立った学生たちも総動員して、東京造形大学の教育成果を一堂に展示、上映するかつて無い大規模なイベントです。
アニメーション制作が体験出来るワークショップもあります。



これを機会に、アニメーションの素晴らしさ、そして造形大学の楽しさを感じていただければと思います。

サイトも立ち上がりました。
入場無料
ぜひこの春先の3日間、表参道までお出掛け下さい!


(教員:森まさあき)

キューライス初個展!

「ネコノヒー」「スキウサギ」「チベットスナギツネの砂岡さん」などのキャラクターで大ブレイク中の漫画家「キューライス」実はその正体は造形大アニメーション専攻第1期そして同大学院の卒業生、あの「坂元友介」その人だった〜!・・・
と言っても知ってる人は知ってる、知らない人は「誰それ?」なんでしょうね。

実はこのWebZo右下のPICK UP!コーナーで紹介しています3月16〜18日に開催する東京造形大学 アニメーション専攻創設15周年記念「造形アニメーションのすべて」の大イベント・ポスターに「アニ魔人」を描いてくれたのも彼「キューライス」でした。

今まで「坂元友介」名で数々のアニメーション作品を作り続けていた彼が、今漫画というジャンルで超売れっ子となり、それを記念して初個展を開きます。しかも会場は15周年祭と同じ表参道界隈のTOBICHI!

知ってる人は応援するために!知らない人はもっとキューライスを知って貰うために!ぜひともこの初個展にお出掛け下さ〜い!



詳しくはこちら


(教員:森まさあき)

国際交換留学生歓迎Party!

後期から東京造形大学にやって来た交換留学生のための歓迎&交流会が、9月26日CSプラザ1Fのカフェテリアで開かれました。
今期はグラフィックと写真と室内建築にスウェーデンから女性3名、ドイツから男性1名の計4名。残念ながらアニメーション専攻への留学生はありませんでしたが、国際交流委員を代表してアニメーションの森まさあきがまずは挨拶&乾杯をしてParty開始!

留学生の中には日本語が話せる留学生も居ますが、基本は英会話になるので、Party参加に声掛けしても何となく二の足を踏む造形生が多いのが泣き所。でも今回は学内から岩瀬大地先生や橋本彩先生、それに有志学生の参加もあり、また偶然「お腹が空いた〜」とカフェテリアにやって来た「飛んで火に入る」アニメ専攻の学生も仲間に誘い込んだりで、賑やかな交流会となりました。

最後は恒例の記念撮影〜!
お陰様で楽しいひとときを送ることが出来ました。
半期に1度、こうした会があるので、ぜひ多くの皆さんに参加していただきたいです!


今回の4人の留学生は、後期一杯まで東京造形大学と日本文化を満喫する予定。学内で出逢ったら、ぜひひと声掛けて仲良くしてあげて下さいね!

尚、Partyの様子は造形大HPのNewsでも御覧頂けます。


(教員:森まさあき)

粘土と卓球

9月12日(火)、履修登録日なので登校する学生の少ない静かな造形大学キャンパスに大型バスが続々とやって来ました。
バス4台をチャーターして桑沢デザインの1年生150人が東京造形大学を見学に来る!というSpecialイベントです。
昼前に着いて学食でワイワイとランチを楽しんだ後、午後に企画されたのは特別講義「森副学長による魅惑の粘土アニメSHOW」!

4-A教室にて、粘土アニメーションのコマ撮り実演も交えたスペシャルな魅惑のライブ講義が催されました!

更にその後、一同はCSホールに移動、恒例となっているメインイベント「卓球大会」を楽しみました。
チーム戦となる勝ち抜き戦ですが、今年は桑沢の浅葉克己所長と造形大の山際康之学長が初の直接対決!と言う事で、それはそれは盛り上がりました。

ワイワイと楽しく応援していたら卓球好きの浅葉所長に「アニメの森先生も副学長として桑沢の青山副所長と対戦して下さい!」って急に声を掛けられて突然の卓球大会参戦!えええ、やるの〜!?

汗だくで応戦!でもお陰様でとても良い汗を死ぬほど一杯かきました。

最後は皆さんをお見送りして、スペシャルなイベントは無事終了〜!
また来年!今度はもっと卓球を練習しておきま〜す!(笑)


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ICAF2018 開催!
今年もICAF(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)が開催されます。
全国でアニメーションを教育として教えている大学、大学院、専門学校の学生作品、今年の参加校は24校。
各校から選抜されたその新作ばかりが一同に観られる上映+イベントの名物フェスティバルです。
まずは東京大会からスタート!

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 
ICAF 2018
会期:2018年9月27日(金)
       〜30日(日)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:<無料>

東京造形大学の作品上映は
「I プログラム」
講堂上映(登壇挨拶あり)は
9月30日(日) 14:20〜
研修室での上映は
9月28日(金) 12:30〜となります。
その他、詳細はこちらを御覧下さい。

学生たちの「今」が見渡せる貴重なイベントです
ぜひともお出掛け下さい。


ICAF 2018

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK