2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

イベントの記事一覧

2024年度新入生歓迎🙌

5月6日月曜日

ゴールデンウイークが終わり、5月が始まりました。
そして、今日は《新入生歓迎》の日です!
2年生が中心で準備を行われて、1年生から4年生、教員の方も一緒に参加してました。


2年生が作ってくれた新入生歓迎の看板です!



後輩と先輩が出会って、趣味とか、共通の関心事を共有してみました。



唐揚げ、ケーキ、ポテト、たこ焼きなどの美味しい食べ物もいっぱい!
みんなで食べながら、仲良くなりました。


いよいよ新入生歓迎の大イベント、景品抽選の時間です。
MCの学生さんとみんながじゃんけんして、勝った人にプレゼント!

みんな勝つために頑張りますね。
そして、プレゼントの中には、、、!


スペシャル木船先生の顔マスクがありました。
すごい人気で、すぐ取れてしまいました。


楽しかった2024年度の新入生歓迎でした。


(アニメ 助手)

卒ZO展2024 / 木船ゼミ展 開催のお知らせ

こんにちは、春一番が吹いたり、暖かかったり寒かったりと、慌ただしい気候の変化が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は学内を歩いていた時に水たまり跡に黄色い粉がたくさん残っているのを見て、くしゃみをしながら、おののいていたところでございます…。

今年の花粉は例年通り多量らしくこれからの季節が恐ろしいですね。

ゴーグルしなきゃ…👓

 

さて、そんなことより先日の山手線プロジェクトに引き続き、大きなイベントがやってきますよ!

3月の中旬には4年生有志の卒ZO展と最後の木船ゼミ展が開催されます!!

 

『卒ZO展2024 東京造形大学アニメーション専攻領域 卒業制作作品上映会』

3月16日(土)10:00〜17:00
3月17日(日)10:00〜15:00



『木船ゼミ The FINAL展~Animation Exhibition~』

3月16・17日(土・日)10:00〜18:00



会場:桑沢デザイン研究所 本館1F
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-22

 

お暇が合う方は、ぜひ足をお運びください!


(アニメ 助手)

山手線プロジェクト🚃出発進行!

昨年から温めていたプロジェクトがようやく解禁となりました…💡

 

昨日、大学ウェブサイトにて情報公開されました『ZOKEI ANIMATION REEL WAY』

先週末の3日(日)から、17日まで運行上映中!

(最終日は撤去作業のため、運行なしの可能性があります🙇)

 

車体ラッピングの目印はコレ!



そう、実は今回、1編成11車両がまるまるアニメーション専攻で埋め尽くされているのです!

見た目は、こんな雰囲気です🚃 〜 🚃



他社の広告は、一切なし!!!

窓際、ポスターが掲示されるスペースも、作品に関する解説やアニメーション専門用語に関するコラムで詰め込まれています!!!

 



数年前、山手線の新車両が発表されました。座席の窓上にあたる紙面広告だったスペースが、今は3面の液晶ディスプレイとなっています。

この横に長〜い液晶ディスプレイを使って、ショートアニメーションを作ってみよう!というのが今回の企画です。



(左)2年:宮田稔大『歩く歩くの行進君』

(右)4年:KANAKO SAKURAI, SHIN YEJIN『くるくる宇宙』

 

1・2・3・4年生に加え大学院生が通常授業とは別枠で、制作に励みました!

フレームレートも、いつもは24fpsですがJRの規定に基づき、授業内ではあまり馴染みのない29.97fpsで作ろう、ということに!

しかし学生は難なくこなします。さすがだね〜😀

 

3面ディスプレイでは見れないけれど、本編映像が期間限定&現地のみでしか観られないのも勿体無い…🤨

ということで、作品アーカイヴライブラリ『ZAA』にて特設ページを設けております!

anizo.com



今回、メインビジュアル〜映像編集まで携わっていただきました『株式会社MIMIGURI』様の中に、本学グラフィックデザイン専攻領域の卒業生がいらっしゃいます。

🎤インタビューもこちらから!

 

 

時刻表をお知らせできないのが残念ですが…、期間内、毎日どこか走り続けるアニメ車両を、是非探してみてください🔍

学生スタッフがSNSにて、新鮮な情報を投稿してくれているようです!コチラものぞいてみてください!

https://x.com/ZokeiReelway?s=20

 

 

今年の3月は催しが盛りだくさん…続報もまもなく発信します。

どうぞお見逃しなく✨👀!!!

 

 

🚩東京造形大学のプレスリリースはこちらから


(アニメ 助手)

ZOKEI展2023

先日、2023年度のZOKEI展が開催されました!

1/19~21の3日間、後半は雨が降っていたのですが、

それでもたくさんのお客様が来場してくださいました。

ZOKEI展は今年度、卒業となる4年生の作品が一堂に見られる展覧会です。



アニメーション専攻ではモニター展示、優秀作品の上映を行いました。

今年は、その他に作品で実際に使われた人形、作品のワンシーンを模したオブジェなど会場でしか見られない展示もあり

実際に作った本人に話を聞くこともできる良い空間でした…。

 

また2日目には

ZOKEI賞の発表もありました。

 

今年の受賞者は

 

伊藤 里菜 さん

岡 翔太 さん

櫻井 嘉那子 さん

 

以上の三名でした!



お三方には若見先生お手製のメダルが贈呈されました~👏👏

4年生の皆さん、作品制作から展示までお疲れ様でした。



次回は3月16.17日!

渋谷の桑沢学園・新教育施設にて卒ZO展、最後の木船ゼミ展が行われます。

ぜひ足を運んでみてください!


(アニメ 助手)

2023年度後期大講評会

2023年が終わり新しい年が始まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

アニメーション専攻では後期授業を締めくくる大講評会が行われました!



▼大講評会の様子







1年生から4年生までの学生、先生方も勢ぞろいでわいわいと、終始、楽しげな空気がうかがえました。

また、今年度で非常勤講師の周防先生がご退職なされます。



勤続20年間と、長年の勤務、お疲れ様でした。

これからのご活躍も楽しみにしております!

 

また本日1月19日からは本大学にてZOKEI展が始まります。

本日から3日間の開催となっておりますが、週末は雪の予報も出ておりますので

おいでになる際にはぜひ温かい格好でお越しくださいませ~!

 

詳細は以下のリンクからご覧ください。

https://www.zokei.ac.jp/campuslife/zokeiten/

 

それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします!


(アニメ 助手)

木船徳光教授の退職

30年以上もの間、東京造形大学のアニメーション専攻で教鞭を振っていられました

木船徳光教授が今年度をもって専任教授を退職されます。

木船先生は東京造形大学美術学科絵画専攻卒業後、多くの実験アニメーションを制作、数多の商業アニメーションに参加。

会社組織IKIF+(アイケイアイエフプラス)の代表も務めながら長らく学生たちに

アニメーションの表現を教授してきました。

 



 

昨日の授業が選任教授として最後の授業だったので専攻の方から

お花を贈呈させていただきました🌷🌷🌷

 

お花を渡した途端

普段は厳しく優しく学生に接してくれていた木船先生が見せる「嘘」泣き

あざとかわいい木船先生です。

 



 

いろいろな方向で話題に事欠かないアニメーション専攻の名物教授だった木船先生

 

そんな木船先生の作品講評が印象に残っている学生も多いのではないでしょうか?

私も個人的に卒業制作の講評の際に行ってもらえた言葉が現在の作品制作でも心の支えになっています。

(本当にありがとうございます!)

 

木船先生は退職記念展を3月に東京造形大学と東京工芸大学での同時開催で

予定しています。

また4月からは非常勤講師という形で造形大に関わってくださいます。

 

 

32年間ありがとうございました!!!!

そして本当にお疲れ様でした!!!!!

 



 


(アニメ 助手)

ICAF2023『520』観客賞受賞👏

秋の匂いがし始めてきた9月末、国立新美術館にて今年もやってきました!

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2023 

現地開催は、9月28日(木)〜10月1日(日)

WEB公開は、9月15日(金)〜10月15日(日)24時まで ※アーカイブサイトはこちらから※

コロナ禍を経て、現地開催や座席数など、体制は完全復活となりました💪

 

ICAFは、全国から集まった大学・専門学校といった教育機関にて、制作された作品たちをお披露目する上映会となります。

icaf2023メインビジュアル

東京造形大学からは、現1年次から今春卒業した学生の卒業制作作品までの16作品を選出。

例年、バラエティ豊かなプログラムが特徴です🥗

 

1年次 ジングルアニメーション – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『キカガク喜楽』

『がんばれ!ナメクジくん』

『Let’s drawing!』

 

2年次 前期課題より – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『大根役者』(グループ制作)

『帰郷』『愛の傘下』

 

3年次 前期課題 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『おんぷちゃんとわたし』『ブラウニー』(私に関するストーリー)

『水』『スプリング』『おおきくなあれ』

 

3年次後期課題- – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『Home Sweet Home』(ミュージックビデオ)

 

4年次 卒業制作 – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

『太陽が水を汲んでいる』『己踊り』『520』『La nuit des illusions 〜迷走の夜〜』

 

 

講堂でのプログラム上映後、出品者に登壇してもらうと、ほぼ全員出席…!

舞台いっぱいに並んでもらいました〜!

先生方も、思わず『こんなにいっぱい居たのね🤭』と微笑み…

みんなで並ぶ機会もなかなか無いですからね…!学年上下のつながりを豊かにさせる瞬間です。



さて、タイトルにもある観客賞について・・・

ICAF参加校の教員による推薦作品より、「各校選抜プログラム」が設けられます。(昨年に引き続き、WEB投票も同時に行われていました)

本学からは、卒業制作作品の『520』を出品しました!

 

そしてなんと、総勢28本の中から会場部門にて2位を獲得〜〜〜!🎊おめでとうございます!!👏👏👏



ICAF実行員会 名誉実行委員長である古川タクさんより、賞状と賞品を受け取る池辺 凜さん📸

卒業生も、作品に関して対面でメッセージをいただいている様子もあり、非常に良い空間であったと思います。

 

本学だけでなく、学生作品自体が年々アップグレードされている感覚がありました…💭

今年は来れなかった方、また来年是非!足を運んでみてくださいませ!


(アニメ 助手)

2022年度卒業式

3月27日、八王子のJ:COMホール(旧:オリンパスホール)にて2022年度の学位授与式が行われました。学位及び博士、合同の卒業式です。

あいにくの雨模様でしたが袴やスーツに身を包んだ卒業生たちはピカピカに輝いていました!



今年からマスクなしでの式典となりました。

少し不安、少し気恥ずかしいかもしれませんがだんだんコロナ以前の風景が戻って来つつあります。

(去年は一席空けて座っていましたが今年から詰めて座れるようになりました!)



去年よりも心なしか学生同士、学生と教授の距離も近いように思います。

(コロナの規制が緩和している影響でしょうか)



さて、いよいよ式典での証書授与です。

今年は専攻代表の池辺凛(いけべりん)さんが受け取りました!

SA(学生の授業お手伝い)やゼミで確かなる安心感のある活躍をしてくれました。

卒制も素晴らしいものでしたね。


そして毎年恒例のその代を代表するような印象に残った学生へ送られる、

「特ZO賞」今年は浜崎龍平(はまさきりゅうへい)さんでした。

いろいろな人と仲良く接することができるコミュニケーション能力を生かして

イベントごとなどでは率先してみんなをまとめてくれていましたね。



 

皆さんマスクなしなので笑顔が素敵ですね!

 



 

今年も先生方との懇親会はありませんでしたが

みんな思い思い楽しい時間を過ごすことができたのであれば良かったと思います。

本当にご卒業おめでとうございました‼

 


(アニメ 助手)

ZOKEI展2022

先日今年度のZOKEI展が催されました。

 

東京造形大学アニメーション専攻の卒業制作が一堂に会する展示会となっています。

今年は油絵具を使ったアニメーションの制作現場を再現した展示や

コマ撮りアニメーションに使用したフェイクスイーツの展示など

会場でしか見ることのできない展示もあり見ていて面白かったです。

 

私が特に紹介したいのはこのメインビジュアル!





かっこいいですね!

宇宙+不思議の国のアリスがモチーフのようです。

会場でポストカードを配布していたのですが一日ごとに全て無くなって

助手が必死こいて刷っていたことからその人気具合が伺えます…!

 

 

そしてZOKEI展の目玉

ZOKEI賞の発表もありました。

 

今年の受賞者は

 

池辺 凛さん

オン カイさん

チョウ ウケンさん

 

の三人でした。

(オメデトウゴザイマス~‼)



オリンピック選手にも引けを取らない立派な金メダルみんな似合っていますよ~!

4年生の皆さん本当にお疲れ様でした。

ノミネートされた作品も惜しくもノミネートを逃した作品も

どれも個性にあふれていて素敵でした。



来月には卒ZO展も予定されていますのでそちらも楽しみですね!

(卒ZO展の会場は去年と同じ町田パリオさんでの開催を予定しています)

よろしくお願いします~‼

 


(アニメ 助手)

後期大講評会

2022年も終わり、新しい年2023年になりましたね。

今年もよろしくお願いします。

 

先日、東京造形大学アニメーション専攻では後期を締めくくる

「大講評会」が催されました。

 

2022年の夏休みから12月までの成果の発表の場です。

非常勤の先生や1~4年生の学生が集まり楽しい雰囲気の中、講評が進みます。

 



 

大きなスクリーンがある教室で行っているため

普段とは違う迫力ある大画面で自分の作品が流れるかも…?ということで学生はドキドキですね。

 

そして最後には出来立てほやほやの卒業制作も3作品ほど流しました。

やはり卒業制作ともなると他の作品群とはまた違った感動を覚えます。

本当の意味で作品になっているのですかね?

 

また、そんな卒業制作が一堂に関するZOKEI展も1月20日から22日まで

東京造形大学で行われますので是非足をお運びください!

詳細は以下のリンクからご覧になれます。

 

https://www.zokei.ac.jp/campuslife/zokeiten/

 

来年度はどんな作品が生まれるのでしょうね。

今から楽しみにしています‼


(アニメ 助手)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ZAA誕生!
東京造形大学アニメーション専攻の作品群が楽しめる 「ZOKEI
ANIMATIONS ARCHIVES」略して
「ZAA」がスタートしました。
専攻設立から始まる膨大な量の過去作品群や、読み物、インタビュー記事、アニメコーナーなどなど
その内容も続々とリニューアルしつつのオープンですので、段々充実するワンダーランド!
待望のアーカイブ・サイトです。
まずはどんなものか?どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
https://www.anizo.com/
ZAA

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK