2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

イベントの記事一覧

ZOO開催中!

造形大アニメ専攻を卒業したOB&OGたちの上映会「ZOO」が、この週末に原宿で開催されています。
場所はJR原宿駅から竹下通りを抜けて明治通りを渡り、そのまま道なりに真っ直ぐ進み、しばらく進んだ左の電柱に「原宿デザインフェスタはこちら←」の看板がある路地を左に入ったデザインフェスタWESTの2階2−A!




昔アパートだった建物をギャラリーに改装した、原宿名物のアートスペースです。




卒業して仕事しながらもなお、アニメ専攻生は自主制作を続けて上映会を開く!という、まさに「スズメ百までアニメを忘れず!」素晴らしい、その心意気に拍手!



3日間限りのイベントですが、ぜひ今週末、原宿に応援にお出掛け下さ〜い!
詳しくはこちら


(教員:森まさあき)

専攻領域説明会

本日6月8日(土)・9日(日)の2日間。恒例の専攻領域説明会が開催されます。
造形大学への入試をお考えの方、特にAO入試に関して御質問のある方は、是非とも御来場ください。
両日ともにプレゼンテーションも開催!また過去のポートフォリオなども御用意してお待ちしております。



2019年
6月8日(土) 13:00~17:00
6月9日(日) 10:00~13:00
プレゼン会場 : 12号館(101教室、201教室)
相談会場 : 9号館(CS-Lab)
※予約不要(直接会場へお越しください)





今年は2日目の終了後に大学院の事前面接がある関係で、終了時間が例年より短いので、開催時間に御注意ください。
詳しくはこちら


(教員:森まさあき)

木船先生の還暦を祝う会

木船徳光先生と園子先生、造形大で知り合い結婚されて、IKIF(アイケイアイエフ)というユニット名で活動、仲良しおしどり夫婦のお二人が、今年揃って還暦を迎えられる!ということで、関係者および造形大の歴代の教え子たちが集まって、お祝いの会を開きました。



沢山のお祝いメッセージを受けて、ニコニコと微笑む、2つ並んだ赤いちゃんちゃんこ!



2人の恩師である、かわなかのぶひろ先生も御登場!



かわなか先生がいらっしゃるのなら、何か作らねば!と、この日のためにカラーLEDを使った新作の「驚きゴマ」マシンまでも張りきって用意した御夫妻。



蛇腹折りの原稿を広げて長い祝辞を読む小出正史先生など、ワイワイと賑やかな会となりました。



造形大卒業後、今や映像制作会社などで、それぞれ活躍する沢山の教え子たちの笑顔に囲まれたお二人を眺めると、アニメーション専攻が生まれた16年前の、そのさらに前時代からアニメーション教育に携わったお二人が、大学での教育とIKIFという活動で、日本のアニメーション界に与えた影響は計り知れないものだ!と改めて感じました。



更なる御指導と御活躍を!
おめでとうございます!


(教員:森まさあき)

新入生歓迎会!

ゴールデンウィークも始まろうとする4月27日(土)に、アニメーション専攻の新入生歓迎会が行われました。
幹事役は1年前に歓迎を受けた新2年生が幹事役となって企画運営!造形大アニメ専攻の伝統イベントです。

今年は幹事役がとても張り切って、学部生及び大学院生そして非常勤の先生方や今年卒業したOBにまで声を掛けて、造形大の学食(カフェテリア)をお借りして、かつて無いほどの大人数での大パーティ!
お楽しみ企画も一杯の、ワイワイ・ガヤガヤ!それはそれは賑やかな歓迎会となりました。





最後に記念撮影をパチリ!



この日のために密かに着々と準備を進めていた2年生幹事さんたち、本当にお疲れ様〜!
楽しい歓迎会をありがとう!
わざわざ御参加下さった先生方、そして遠方からやって来たOBのメンバーもありがとう!
楽しい連休を〜!
でも連休が明けたら、また授業だぞ〜!あ、OB達はお仕事だぁ〜!(笑)


(教員:森まさあき)

『卒ZO展2018』開催!

今年も卒業制作を集めた上映会『卒ZO展』が開催されます。
東京造形大学アニメーション専攻領域
今年は13期になります卒業生、有志による上映会です。
今年は場所を変えて、馬喰町(ばくろちょう)にある、ICA PLUSの2Fが会場となります。
ほんの2日間の開催ですが、ぜひともお出掛け下さい。



東京造形大学アニメーション専攻13期卒業生有志上映会
『卒ZO展2018』
●2019年3月2日(土)〜3日(日)
●会場:ICA PLUS(馬喰横山)
●11:00〜17:00
●入場無料
詳しくはこちら
twitter:sotsuzo2019


(教員:森まさあき)

後期大講評会 開催!

後期授業最後の1週間は補講期間。その最終日1月12日(土)に、アニメーション専攻恒例の「大講評会」が開催されました。
後期授業2018年9月〜12月までの4ヶ月間、1年生〜4年生の授業成果を持ち寄って、この学期中、アニメーションの学生たちがどれだけ頑張ったか、先生方も大集合してワイワイと上映を楽しむ特別授業です。



今年は1年生の新しい時間割<帯授業>がスタートし、自身のノートPCを持って毎日大学に来る!というスタイルが、真面目に課題に取り組むスタンスを生みメキメキと腕が上がる!という成長っぶりを見せましたが、2年生3年生も負けてはいません。
それぞれの学年が競うように授業成果を発表する、今や名物イベントとなったこの特別授業が良い刺激となり、アニメーション専攻全体の志気も上がっていると感じます。



アナログありデジタルあり、必修の演習授業から選択科目授業まで、その授業風景の映像紹介も交えて、各学年の成果が上映される濃厚な3時間半!(今回も時間オーバー!)
でも講師の先生方もこの大講評会をとても楽しみにして、集まって下さいます。



最後は、これまた恒例の記念撮影!
造形大アニメーション専攻はますます元気にパワーアップして、来年に向かいます!

さ〜て来週末はいよいよZOKEI展だぁ〜!


(教員:森まさあき)

始まりました!CS祭!

今年もCS祭が元気にスタートしました。


学生による様々な作品展示をはじめとして、学生手作りのフードコート、学生作品のグッズマーケット、バンド・パフォーマンス等のステージ、またアニメーション専攻では各種上映&展示の他、恒例の「進学よろず相談」もあり、明るくワチャワチャと皆様の御来場をお待ちしております。


今週末は相原の森に包まれた、東京造形大学CS祭に、ぜひともお出掛け下さ〜い!


(教員:森まさあき)

ICAF2018開催!

いよいよICAF2018が国立新美術館にて9月28日(木)より4日間開催されます!



インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバルは、アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校に声を掛けて、その年の学生作品を一同に集め毎年新作のみを上映する夢のイベントです。
今年の参加校は24校。各校から選抜された作品が、ズラズラッと観られる上映+イベントで、これを観ると若い学生たちが作るまさに「アニメーションの今」が一望できます。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 
ICAF 2018
会期:2018年9月27日(金)
〜30日(日)
会場:国立新美術館
(東京都港区六本木7-22-2)
3F講堂+研修室
入場:<無料>

東京造形大学の作品上映は
「I プログラム」
講堂上映(登壇挨拶あり)は
9月30日(日) 14:20〜
研修室での上映は
9月28日(金) 12:30〜となります。
その他、詳細はこちらを御覧下さい。



国立新美術館では現在「ピエール・ボナール展」
「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」(注:完全日時指定制)も絶賛開催中!
ぜひお出掛け下さい!


(教員:森まさあき)

桑沢バスツアー

年に1度の大行事、桑沢バスツアーが今年も後期授業が始まる前日、9月5日に行われました。
姉妹校である桑沢デザイン研究所の1年生が、今年は約160名!4台の特別チャーターバスに乗り込んで、相原の森の奥底(笑)、東京造形大学のキャンパスを訪問しました。

渋谷&原宿という大都会にある桑沢キャンパスと比べると、いきなりの森林浴体験!?
環境ギャップも感じながら、まずは学食でランチを楽しんだ一行は、今年も特別講義「森副学長による魅惑のコマ撮り粘土アニメSHOW」を楽しみました。



いきなり副学長のウェルカム・ソングから始まった今年のスペシャルSHOWは
iPadによる人間コマ撮り実演や、実際に目の前で見せる粘土アニメーションのコマ撮りライブSHOWなど盛り沢山!楽しんで頂けたようです。




そしてその後は、お待ちかね「桑沢×造形 卓球大会!」




強敵、浅葉克己卓球大魔王を相手に、今年は山際学長と生嶋副学長がハッスルハッスル!
卓球を終え、最後はいつものようにバックスタイルで坂を下りていく特別チャーターバスを山際学長自らが、にこやかに手を振ってお見送り!
まるで高級旅館の女将のような「お・も・て・な・し」モードです!(笑)



なにはともあれ、お疲れ様で御座いました〜!


(教員:森まさあき)

第17回広島国際アニメーションフェスティバル開催!

広島国際アニメーションフェスティバルが、今年も開催されました。

■8月23日(木)〜27日(月)
■広島:JMSアステールプラザ

2年に1度、世界各国の地域から応募されたアニメーション作品に、グランプリや優秀賞などを選考するコンペティション。
国内外の有名作家の作品、世界の優秀作品、特集上映、子ども向けの作品など盛り沢山の上映プログラム!
更にプレゼンテーション、展示会、セミナー、ワークショップなどなど!
国際フェスティバルにふさわしく大きなスケールで開催されるアニメーションの宝石箱!スペシャルな夏フェスです。




開催は5日間。このフェスティバルを楽しみに、全国から沢山のアニメーション関係者が広島に集まります。
教員達はもちろん、造形大在学生も、さらには卒業したOBたちも、み〜んなこのフェスを楽しみに集まってくるのです。
特に1度このフェスの楽しさを経験すると、2年に1度のこの広島が、たまらなく魅力的に感じる、不思議なイベントです。





世界中からやって来たお気に入りの作家さんにサインをねだったり、色んな人と友達になったり。
ここでしか見られないレアな作品も多く、またここで初めて出会う作品が多いのも魅力の1つ。
今年は特にエストニアの作品が数多く上映され、そのほとんどが初見の作品なのにビックリ!
開催中はアニメだけでなく観光やお好み焼きなどの名物も満喫して・・・
教室とはまた違った、とてものびのびした、良い笑顔をみんな浮かべていました。

あ〜、また2年後か〜!
再来年また来るぞ〜!
再会を約束して、5日間のイベントは無事に終了しました。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ Open Campus 2019

東京造形大学、今年のオープンキャンパス、テーマは「SYN-KA <しんか>」
アニメーション専攻では、まずは7月13日(土) 13:20~16:50
4-E教室にて、恒例の教員&学生大集合!スペシャル公開イベント「アニメ専攻名物・前期大講評会」を開催!
また7月13日・14日の両日共に8号館3Fのアニメ専攻教室にて、各種展示や上映会、ワークショップ、進学よろず相談など開催予定!皆様をお待ちしています。

森ゼミの音楽隊も元気にパレード!
ぜひとも森に囲まれた造形大キャンパスと共にタップッリとお楽しみ下さい。

■「東京造形大学オープンキャンパス 2019」
■ 2019年7月13日(土)〜14日(日)
■ 予約不要・入退場自由

詳しくはこちら

OPEN CAMPUS 2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK