2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ICAFの記事一覧

ICAF 2019 終了!

インターカレッジ アニメーション フェスティバル
ICAF 2019、今年も賑やかに開催され、そして無事に終了致しました。
毎年全国の教育機関から学校単位で新作ばかりを集めた学生アニメーションの祭典。
今年の参加は25校!多くの新しい作品&新しい才能との出会いがありました。
御参加いただいた方に、深く感謝いたします。

国立新美術館、3F講堂での東京造形大学のプログラムは9月28日(土)の午後、10作品が上映され、上映後にはすでに卒業した作者たちも登壇し、華やかなインタビューとなりました。


Photo by Masatoki Minami

この日の夕方には研修室にてICAFの名物プログラム「とらのあな」なる持ち込み上映講評イベントも行なわれ、造形大からも数名の猛者がアタック!3年生の淵本 宗平(ふちもとしゅうへい)君が『せのび』という作品で見事!審査員賞を受賞しました。


Photo by Toshikatsu Wada

また、さらにその夜、関係者を集めたレセプションが開かれ、作家や先生方そして協賛企業さんが入り混じる、こちらも賑やかな懇親会となりました。これを良い刺激として、来年のICAFを目指して、また新たに作品制作に発奮してくれることを期待します。


Photo by Masatoki Minami

ICAFは今年もこの東京大会を皮切りに、全国の巡回上映会も予定されています。詳しくはこちらまで


(教員:森まさあき)

ICAF2018開催!

いよいよICAF2018が国立新美術館にて9月28日(木)より4日間開催されます!



インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバルは、アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校に声を掛けて、その年の学生作品を一同に集め毎年新作のみを上映する夢のイベントです。
今年の参加校は24校。各校から選抜された作品が、ズラズラッと観られる上映+イベントで、これを観ると若い学生たちが作るまさに「アニメーションの今」が一望できます。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 
ICAF 2018
会期:2018年9月27日(金)
〜30日(日)
会場:国立新美術館
(東京都港区六本木7-22-2)
3F講堂+研修室
入場:<無料>

東京造形大学の作品上映は
「I プログラム」
講堂上映(登壇挨拶あり)は
9月30日(日) 14:20〜
研修室での上映は
9月28日(金) 12:30〜となります。
その他、詳細はこちらを御覧下さい。



国立新美術館では現在「ピエール・ボナール展」
「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」(注:完全日時指定制)も絶賛開催中!
ぜひお出掛け下さい!


(教員:森まさあき)

ICAF2017 東京大会 無事終了!

台風襲来の影響が心配された先週末でしたが、お陰様でICAF2017の東京大会は無事に終了しました。御来場いただいた皆様、ありがとうございました。

東京造形大学の上映はフェスティバルの3日目の9月17日(日) C2プログラム。上映後、作者である学生、そして教員たちも揃って登壇しました。


久々に元気な顔を見せてくれた卒業生など、出品作家全員は揃いませんでしたが、このICAFの舞台に上がることを1つの目標にしている学生も多いので、熱い眼差しの中、緊張しつつ笑顔で御挨拶。


今年の造形大プログラムは現役2年生から3年生、4年生、そしてこの春の卒業生、さらに大学院生、そして卒業してすでに1年半アニメーターとしてプロの場で働きながら自分の卒制をリニューアルして来たというミラクルな作品も合わせて、全部で13作品。とても賑やかでバリエーション豊富な内容となりました。
http://icaf.info/icaf2017_index/2017_pvtop/2017_zokei



尚、この東京大会を皮切りに、北海道や金沢、名古屋、京都、広島など、地方での上映も予定していますので、機会がありましたらぜひ今年のICAFをお楽しみいただければ!と思います。


(教員:森まさあき)

ICAF2017

今年もICAF(インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル)が開催されます。

今年の参加校は28校。全国でアニメーションを教育として教えている大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりが一同に観られる、夢のフェスティバルです。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 
ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)〜18日(祝)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他、今年の詳細はこちら

どうぞお出掛け下さい!


(教員:森まさあき)

ICAF2016地方大会

icaf2016_web_banner
お陰様でICAF2016東京大会は9月22日〜25日の4日間、国立新美術館にて賑やかに行われました。
御来場いただいた皆様ありがとうございました。
14434801_1831333670429770_1557375509130211875_o

そしてこの東京大会を終えた後は、いよいよ地方大会が始まります。
11/3〜6_新千歳空港国際アニメーション映画祭2016内
11/12.13_金沢21世紀美術館
11/18〜20_京都Lumen gallery
11/26_広島横川シネマ
11/27_愛知芸術文化センター
11/6〜20_佐賀

全国の新作学生アニメーション作品を集めた
アニメーションの「今」が一望できるICAF
インターカレッジアニメーションフェスティバル
この機会をお見逃しなく!

詳しくは
HP
twitter
facebook


(教員:森まさあき)

ICAF2016 メイン・ビジュアル決定!

今年も9月に開催されるICAF(インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル)、そのメインビジュアルが決定しました!
今年のフェスティバル・ディレクターは我が東京造形大学の和田敏克准教授!そして今年のメインビジュアル・イラストレーションを担当したのは東京造形大学アニメーション専攻4年生の星 夢乃(ほしゆめの)さんです。

13501720_1152563451473880_2588073200103629671_n

アートディレクションは多摩美術大学助手の金晃平さんが担当。このビジュアルがポスターやDMやイベント・カタログなどに今後どんどん使われて、皆さんの御眼に止まることとなるでしょう!

今年のICAF参加校は全27校!
アートアニメーションのちいさな学校、阿佐ヶ谷美術専門学校、大阪芸術大学、尾道市立大学、金沢学院大学、金沢美術工芸大学、京都精華大学、京都造形大学、神戸芸術工科大学、札幌市立大学、女子美術大学、創形美術学校、多摩美術大学、東京藝術大学、東京工芸大学、東京造形大学、東京デザイナー学院、東北芸術工科大学、長岡造形大学、名古屋学芸大学、日本大学芸術学部、比治山大学短期大学部、広島市立大学、文化学園大学、北海道教育大学岩見沢校、北海道デザイン専門学校、武蔵野美術大学

全国からこれだけ集まった学校のアニメーション作品、しかもこの1年間の新作ばかりが一同に見られるプログラム構成は他にはありません!
開催は9月!少々先ですが、どうぞ御期待下さい!

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル
ICAF 2016
会期:2016年9月22日(木)〜25日(日)
会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
3F講堂+研修室
入場:無料


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ 2019年度 CS祭
(Creative Spiral Festival 2019)

開催日程:
10月18日(金) 12:00-20:00
      (入場は19:00まで)
10月19日(土) 10:00-20:00
      (入場は19:00まで)
10月20日(日) 10:00-20:00
      (入場は19:00まで)
会場:東京造形大学キャンパス
   (JR「相原駅」より
    無料スクールバス運行)

CS祭は、学生による様々な作品展示をはじめとして、学生手作りのフードコート、 学生作品のグッズマーケット、バンド・パフォーマンス等のステージも充実し、 学生間・先輩・地域社会・受験希望者など多数の方々と、楽しくコミュニケーションが 図れる、またとない機会となっています。今年のテーマは「お手を拝借」!
みなさまの来場をお待ちしています、ぜひお越しください!

詳しくは → こちら


CS祭2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK