2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2017年01月の記事

ZOKEI賞決定!

ZOKEI展では毎年、優秀な卒制作品にZOKEI賞が与えられます。
今年のアニメーション専攻、卒業制作は37作。
この中からまずは9作品がZOKEI賞にノミネートされました。

ドキドキの発表タイム!
zoks-02

2016年度ZOKEI賞ノミネート作品は
① 青木 佑理華  『re』
② 大庭 康輔     『LITTLE☆BUSTERS

③ 倉富 路加     『つれのつれ』
④ 関根 桃恵   『はちみつれもんプール』
⑤ 高木 英聖     『根源』
⑥ 角田 理人     『あたたかさについて』
⑦ 廣岡 夏美     『扉と鍵』
⑧ 星  夢乃     『YUMTOPIA』
⑨ 山下 ひかり  『猫背観察記』


以上の9つの作品となりました!
zoks-04 zoks-05

そして更にそこから選ばれた栄光のZOKEI賞は!
タラララララララ・・・ジャ〜ン♪
★ 青木 佑理華  『re』
★ 倉富 路加     『つれのつれ』
★ 星  夢乃     『YUMTOPIA』

上記3作品と決定しました〜!
パチパチパチ!
zoks-01

拍手の嵐の中、ちょっと照れながらも嬉しそうな3名の受賞者たち。
でも一番はしゃいでいたのは先生達かも知れません!
zoks-03

おかげさまで2日間のZOKEI展も無事に終了しました。
御来場いただいた皆様、ありがとうございました!

卒制作品を集めた有志上映会「卒ZO展」は
原宿デザインフェスタにて3月3日(金)〜5日(日)開催予定です。
乞うご期待!


(教員:森まさあき)

始まりました!ZOKEI展

心配された週末の雪も何のその!
気持ちよく晴れ渡った空の下、いよいよZOKEI展が始まりました!

Exif_JPEG_PICTURE

zokei-02
アニメーションの展示、目指すは8号館3階です。
zokei-03
zokei-08
上映はシアターでもPCでも、お楽しみいただけます。
zokei-04
zokei-09
無事に卒業を迎える学生たちの
汗と涙と笑い顔の結晶!
この週末、ぜひお出かけください!
お待ちしております!
zokei-05


(教員:森まさあき)

2016年度アニメーション専攻後期大講評会開催!

2017年は1月5日から後期授業が再開。そして7日(土)が2016年度後期授業の最終日。
早くも締め!となるこの日に、アニメーション専攻名物!後期「大講評会」が開催されました。
恒例となったこの大講評会は、アニメ専攻の学生&先生方が大集合し、1〜4年までの半期の授業成果を持ち寄り、ズラッと並べて賑やかに上映・講評する豪華なスペシャル授業です。
2017-02
今年は特に2年生の個人制作、3年生の共同制作の演習課題が「作品」としての評価が高く、また来週が最終提出となる4年生の卒業制作からも1作品が特別御披露目されて、先生方からも「今年は全体的に一段とレベルが高くなった!」とお褒めの言葉が!

3時間を軽くオーバーする熱い講評会、今回もとても良い刺激になった様子です。
お開きとなる前に、これも恒例となった集合写真をパチリ!
2017-01
笑顔と元気が一杯のZOKEI ANIMATIONSでした!


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■2017年度 CS祭
  Creative Spiral Festivai
  
今年も東京造形大名物の「CS祭」が開催されます。
学生による自主性を尊重した芸術祭!ということで、毎年様々な作品展やグッズマーケット、バンド、イベント、パフォーマンス、フードコートなど、個性あふれた賑やかなお祭りとなります。
アニメーション専攻でも上映会はもちろん「受験よろず相談」などお馴染みのコーナーから、学生企画てんこ盛りでお待ちしていますので、ぜひ遊びにいらしてください。

2017年度 CS祭
10月20日(金) 12:00-20:00
10月21日(土) 10:00-20:00
10月22日(日) 10:00-20:00

JR相原駅から
無料スクールバスでどうぞ!

2017年度 CS祭

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK