2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2011年01月の記事

SO+ZO映像祭 初日!

御陰様でSO+ZO映像祭も、無事に開幕を迎えました。
寒いこの時期に遅い時間から開催されるレイトショー上映と言うこともあり
正直言ってお客さんの出足も気になっていましたが
渋谷の街は若者で一杯!
会場のユーロスペースも賑やかな雰囲気で初日を迎えられました。

会場ロビー風景

初日のプログラムは
「造形アニメーション/新進作家作品集」と題して
東京造形大出身のアニメーション作家6人
辻直之(つじ なおゆき)さん、沼口雅徳(ぬまぐち まさのり)さん、中田彩佳(なかた あやか)さん、大山慶(おおやま けい)さん、坂元友介(さかもと ゆうすけ)さん、李東勲(イ ドンフン)さんの作品を新旧取り混ぜて2作品ずつ全12本を一気に上映する特集プログラムでした。

ゲストとして辻さん、沼口さん、中田さん、そして遅れて李さんも会場に駆けつけてトークをしてくれました。

桑沢学園出身アーティストを一堂に集めたこの大イベント!
その初日を東京造形大学の若手アニメーション作家の特集で飾れたことが何より嬉しかったです。

これから2週間、毎日日替わりで数多くのアーティスト達の競演が始まります。
これだけの作家作品が一堂に集まって楽しめるイベントは滅多にない機会ですので、このチャンスを逃さずに渋谷ユーロスペースまで是非お出掛け下さい!

詳しいスケジュールや場所などはこちらまで!


(教員:森まさあき)

SO+ZO映像祭2011 開催!

1月29日(土)〜2月11日(金)まで
渋谷のユーロスペース
にて
SO+ZO映像祭2011が開催されます!

SO+ZO映像祭2011


これは専門学校 桑沢デザイン研究所、ならびに東京造形大学の創始者である桑沢洋子の生誕100年を記念したイベントの一環で、昨年秋に渋谷bunkamuraにて開催されたSO+ZO展に引き続き、本学園の出身アーティストたちの映像作品を大集合させた上映イベントです。

東京造形大学と桑沢デザイン研究所では、これまで数多くのデザイナー、アーティストを輩出して来ましたが、今回はその卒業生の中で映画、映像、アニメーション、広告映像など幅広い映像分野で活躍する作家たちの映像作品を集め、一挙に御紹介致します。

上映は日替わりで14ものプログラムがあり、作家本人も出演するティーチインも同時に行われ、桑沢学園らしいバリエーションに富んだイベントとなることでしょう。

レイトショー公演となりますので、各日の上映時間は21:00〜23:00
入場料は800円均一
半券の提示で2回目から600円になるリピーター割引もあります。

詳しい内容はこちら

ちなみに初日1月29日(土)は「造形アニメーション 新進作家作品集」
ティーチインの司会進行役を私、森まさあきが担当致します。

また最終日2月11日(金)は、アニメーションの客員教授でもあります山村浩二さんと、専任教授であります木船徳光さん&木船園子さんのユニット「IKIF」の豪華二段組プログラムで、珍しい初期作品が沢山上映されます。

滅多にない豪華でユニークなこの奇跡のイベントに、ぜひお出かけ下さい!


(教員:森まさあき)

ZOKEI展!

いよいよZOKEI展が始まりました!
この春卒業となる4年生及び大学院生たちの、汗と涙と焦りの結晶とも言うべき、卒業制作がドドド!っと一挙に勢揃いです!

ZOKEI展

昨夜遅くまで造形大では
キャンパス中がこのZOKEI展の準備で、てんやわんや!
アニメーション専攻領域の教室も一夜明けて
いつもの様子と一転して、展示会場に大変身!

卒業を迎える各学生たちのプロフィール表を並べたパネルがビッシリ・・・
って、あれ?、まだ準備・・・してるの・・・?
もしも〜し!

アニメーション専攻

やだな〜、間に合うの〜ぉ!?
ってかもう、お客さん来ちゃうよ〜!
を〜い!早くしろ〜っ!

アニメーション専攻

な〜んだかバタバタですが
1月22日(土)23日(日)の両日やってます。
大きな教室で上映もやってます。

作品上映は4-E教室

今年の造形大生の卒制の出来はどうか?
ボジョレーヌーボーの出来を試飲するかのように
今年世に出る学生たちの作品をお楽しみ頂ければ幸いです。

ZOKEI展

お天気も良いので、この週末
キャンパス中が美術館のようになった
東京造形大学に是非遊びにいらして下さい!


(教員:森まさあき)

2011年!

2011年も無事に明け
いよいよ2010年度としての後期授業、最後の1週間が始まりました。

東京造形大学

1年間の締めとなるラスト・スパートの1週間です。
学生達は期末試験や最終課題提出やらが目白押し!
そして今週末にはアニメーション専攻領域の各授業の成果を持ち寄った
恒例の「大講評会」も控えています。

この1週間が終わると、まずはすぐに卒業制作展「ZOKEI展」の開催!
そしていよいよ入試の準備が始まります。

今年はさらにその後、アニメーション専攻領域の教室の引越があります!

造形大キャンパス

アニメーション専攻教室

長い間お世話になった愛着ある教室ともお別れです。
来春から3部屋並んだこの教室は全てパソコン教室に変身です!

さてアニメーション専攻領域は、無事に民族大移動が出来るでしょうか?

って、実は所帯道具も多いので、正直まだかなり不安だったりするんですが〜・・・
まずは、乞うご期待です!

さらにまた、それに加えてこの1月29日から2月11日まで
東京造形大学と桑沢デザイン研究所出身の作家を一堂に集めた
SO+ZO映像祭という上映イベントも
渋谷のユーロスペースにて開催されます!
詳しくは画面右のバナー「PIC UP!」からどうぞ!

この冬、東京造形大学も大きく動きます!


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF2017
今年もICAFの季節がやって来ました。アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりを一同に会した夢のフェスティバル。今年の参加校は28校。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)
       〜18日(祝)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他スケジュールなど、今年の詳細はこちら


ICAF2017

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK