2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

雑記の記事一覧

アニメーション研究C(身体表現)

今年も始まりました。アニメーション専攻の名物授業、アニメーション研究Cの中にある「身体表現」です。
3年生を対象にしたこの授業を担当するのは、パントマイムの伝道師シスターひろみこと、細川紘未(ほそかわ・ひろみ)先生。



オムニバス形式で6週間の担当となるシスターのこの授業、ただ身体を動かすだけでなく、大きな声を出したり、笑ったり、拍手したり・・・、日頃机やPCにばかり向かっている学生にとっては、気持ちもリフレッシュ!活動的で前向きな心と身体も作るとても刺激的な授業です。

4月19日の初回授業を終えると先生は大慌てで新大久保にあるスタジオに飛び立つようにお帰りになりました。
そうなんです、実は細川先生は翌日から3日間、個人のソロパントマイム公演の本番日!その準備に大わらわな状況での講師役だったんです。



「Brightnessブライトネス」とタイトルが付いたこの公演は、細川先生が自身を揺さぶるためにもと半年に1度の開催を目指す、ソロ公演です。

会場は御自身が運営するスタジオ・エヴァ。今回は1日2回公演×3日間、と言うハードスケジュールで一人舞台に立ちます。
そんな細川先生を応援しよう!と造形大生も訪れているようです。
https://www.facebook.com/events/156959835097051/



細川先生のパワーと集中力をタップリ浴びる、素敵な公演でした。
公演が終わって一呼吸したら、来週も授業をよろしくお願い致しますね。
頑張れシスター!


(教員:森まさあき)

2018年度始動!

履修ガイダンスも終わり、いよいよ4月12日(木)から2018年度の授業が開始となります。
アニメーション専攻は今年は「帯授業」という新しい時間割が新1年生からスタート、平日の午前中は連日授業があり、基本的に毎日大学に来る!というスタイルになります。2~4年生は今までと同じ時間割、ですので新旧のカリキュラムが混合する、少々複雑なスケジュールとなります。

今年の新1年生は44名。さらにニューフェイスとして大学院生や交換留学生などが加わります。

専任教員は
木船徳光、小出正史、和田敏克、森まさあき
特任教授に、若見ありさ
助手役は、青木佑理華、高山拓人

それぞれの思いと期待を胸に、春のガイダンスに集まった各学年ごとに、記念撮影〜!









やる気満々!元気パムパム!
沢山学ぶぞ!作るぞ新作!目指すぞ卒業!
アニメーション専攻は元気に未来に向かって頑張るのだ!うぉぉ〜!

と、今年2018年度も、造形大アニメ専攻、力強く始動し始めました!


(教員:森まさあき)

MA作業って何?

アニメーション専攻の今年の卒制作品のうちZOKEI賞を受賞した
『After The Memories』   平松 桃     
『タシカの不思議な冒険』坂元 奈央+佐藤 愛梨 
『てるてる戦争』    藤井 周平
の3作品に対して、MA作業の副賞が与えられました。


学生たちは普段はパソコンの中で全ての仕上げ作業を行なっています、映像が出来上がるとそこに音楽やナレーションや効果音などをつける作業を1人でコツコツとやります。
これがプロになると、音響のプロの手を借りてスタジオで「MA」と呼ばれる作業で仕上げます。
MAとは「Multi Audio」の略称で、録音作業や音のバランス調整など、作品の最終仕上げを行う重要な音響のポスト(後作業)のことです。

映像は画面作りが最も重要ですが、特にアニメーションは実は音による効果がとても大きいので、通常大学内では経験の出来ないプロの手による後処理をぜひとも経験してもらおう!と、今年初めてZOKEI賞受賞作に、このチャンスが与えられました。

今回MA作業は、この道で昔から映画やCMなど数えきらないほどの実績と経験を持つ「アオイスタジオ」さんにお願いすることが出来ました。



プロの手によるMA作業。演出家としてオペレーターさんに自分の意志を伝えながら仕上げる、絶好の学習チャンス!これはもう学生たちも大緊張です。



効果音もプロの方にお願いして、1つ1つの音を吟味しながら、画面に合わせて上げたり下げたり・・・




ミキシングの作業自体はデジタルでも、その調整はオペレーターさんの感覚によるアナログ!ちょっとした音の入れ方によって、画面の雰囲気がガラッと変わります。



ベテランのプロの方たちがZOKEI ANIMATIONS を応援して下さって実現した夢のMA作業。プロの手をお借りして、音の完成度がグッと上がりバージョンUPしたこの作品で、また色んなコンテストに挑戦して欲しいです。

羽ばたけ!ZOKEI大生!


(教員:森まさあき)

造形大学=森林公園化計画

入試も一段落した東京造形大学では4月から新年度を迎えるにあたり、キャンパス全体の施設の整備を色々と行っています。
その1つ、新たにベンチをたくさん設置しています!



その数なんと60脚!
木々の多い広いキャンパスの中、もっともっと学生たちが「集う場所」が必要だ!と、ゆったり座ってくつろげるベンチをあちらこちらに設置しました。



題して「造形大学=森林公園化計画」
これからは温かな日差しの中、休み時間などにゆっくりと日光浴と森林浴を楽しんで下さい。ああ・・・春が待ち遠しいですね!


(教員:森まさあき)

今日は創立記念日!明日からCS祭!

東京造形大学の学園祭「CS祭」は、いよいよ明日、金曜から!
前日となった今日、キャンパス内はあちこちでCS祭準備で大わらわ!
img_4178
しかし、そんな中、昼頃にゾロゾロとCSプラザに集まる集団がおりました。
何でしょう?
img_4165
そう!実は今日は東京造形大学の創立記念日!
この10月20日にしか見られない「奇跡」の現象が、ここCSプラザの1F広場で起こるのです!
知っている人だけが、どこからともなくゾロゾロと集まってきました。
実は2010年に完成したこのCSプラザ、設計者の方がこの広場にちょっとした仕掛けを施しました。
それは創立記念日の晴れた日の昼12時に、CSプラザの天井にある三角形の明かり取りから、太陽光が差し込み
地面にある同じ三角形の石碑と光が合体する!と言うもの。
img_4178-c
img_4167-c
↓2010年の記事
http://animation.zokei.ac.jp/?p=1702

ところが今まで、天候に恵まれず、なかなか実際にこの窓から綺麗な3角形の光が入り込むことは無かったのです。
しかし今日は見事な秋晴れ!果たして設計者の意図は成功し、明かり取りから奇跡の光は舞い降りるのか!?

待ちに待った約束の10月20日昼12時がやって来ました!
img_4174-c

を!を!を!
img_4166

パンパカパ〜ン♪ 見事に三角形のプレートと光が合体!!!
その瞬間にCSプラザに壮大な鐘の音が!・・・
という仕掛けまでは無かったですが、プラザ完成以来初!とも言える、見事な光のイリュージョンが拝めました!
img_4170

パチパチパチ!
これで明日からのCS祭は益々賑やかに開幕されることでしょう!
img_4176-d

今週末、10月21日(金)、22日(土)、23日(日)は
JR相原駅北口からスクールバス(無料)にて、東京造形大学「CS祭」に遊びにお出掛け下さ〜い!
詳しくはこちら

アニメーション専攻では、連日上映会やら、展示やら、出店やら、土日は進学よろず相談やら、何やらワイワイやってま〜す!


(教員:森まさあき)

助手展ラスト!

東京造形大学を卒業後、大学に残りそれぞれの専攻の「助手」として日々色々なサポートをしてくれている我らが助手さん。
しかし単に各専攻の補佐役と言うお仕事ばかりでなく、自身がクリエーターとしての「造形の心」を忘れないように!と、制作したその作品を集めた展覧会『第2回助手展』が絶賛開催中です!しかもいよいよ第二期の最終展示期を迎えています。

アニメーション専攻から今期出品上映しているのは、今年で2年目となる助手役、野村くるみ(のむらくるみ)さんと藤嵜輝(ふじさきてる)さんの新作です。

IMG_2314-comp2

2人はアニメーション専攻第9期の卒業生。
野村さんはZOKEI賞ノミネート、藤嵜さんはZOKEI賞受賞経験のある実力者です。

新作、野村さんは『散髪式』、藤嵜さんは『heart』と言う作品。
この助手展にどんなものを作ろうか〜?と2人ともかなり悩んで作っていました。

joshu2016

東京造形大学付属美術館にて、連休明け5月13日(金)まで開催しています。
出来映えやいかに!?とドキドキしながら、ぜひ御来場下さい!

また先日、昨年期まで助手役を担当してくれていた上野雄大さん、また更にその1年前まで助手役を務めてくれていた佐藤博行さんも集まって、今年2年目となる助手役の両名と先生方と一緒に助手役のバトンタッチの歓送迎会が開かれました。

joshu-01

アニメーション専攻って、仲が良いですね〜!ってよく言われますが、確かに仲が良いかも知れません (笑)
「お疲れ様!そして、よろしく!」アニメーション専攻は2016年度もバリバリ元気に前に進みます!


(教員:森まさあき)

記念写真

履修登録日で授業の無かった月曜の昼、CS PLAZA (10号館) の1F吹き抜け広場に、全専攻の先生方がガヤガヤと集合して、揃って何やら一斉に上方を眺めていました。

kyoju-02
kyoju-01
さ〜て、一体何事か!?と言うと、上の回廊にカメラマンさんがカメラを構えてスタンバっていたんです。
先日学内で「阿部展」を開催していた、大学工房運営セクションで働く阿部雅彦さんです。

kyoju-03
実は今年は東京造形大学創立50周年の年!
その記念行事のための記念画像を撮影していた、と言うワケです。
さ〜て、どんなスペシャルな画像が撮れたんでしょう?
阿部カメラマンの腕前や如何に!ワクワク!
ということで、御期待下さい。
kyoju-04


(教員:森まさあき)

春の目覚め!

都内よりすこし遅れて今が満開の相原の桜。
薄紅色の花が優しくそよぐ造形大キャンパスも4月を迎えて、いよいよ新学期のスタートです!
sin-01 shin-03

まずは恒例の学年別履修ガイダンスからスタート!
アニメーション専攻は編入生など移動も含めて2年生が46名、3年生が44名、4年生が40名。ここに新入学の1年生46名が入って、合計176名。
さらに大学院にも7名が新入学し、院生が計17名。
02-1 03-104-1 shin-04

また今まで特任教授だった和田敏克先生が、この春から専任教員となり、今年から木船・小出・森・和田の4人体制になった教授陣。
さらに前年に引き続き助手役として、野村&藤嵜の2名もしっかりサポート!
sin-02

ということで、この春もますます賑やかで楽しみな
東京造形大学アニメーション専攻です!


(教員:森まさあき)

卒ZO展・和田ゼミ展 終了!

春の嵐が吹きすさぶ先週末、渋谷の桑沢デザイン研究所1Fで「卒ZO展」が開催されました。

sotuz-01

今年は第10期生の卒業制作に大学院生の終了制作も加え、A〜Dプログラムと選抜プログラムと言う構成でした。

sotuz-04sotuz-03sotuz-02
長時間の上映にお付き合い下さったお客様、ありがとうございました!

sotuz-05

ほぼ同じ日程で、原宿デザインフェスタギャラリーでは「和田ゼミ展」が開かれていました。

sotuz-00sotuz-06 sotuz-08

こちらはまた雰囲気の違う中、こじんまりながら若さに溢れた上映空間が楽しめました。

期間中お越し下さった皆様、どうもありがとうございました!


(教員:森まさあき)

新歓返し

今週一杯で前期授業も終了!あっと言う間の4ヶ月でした。
夏休みを目前にして、4月に2年生が幹事役で行った新歓会の御礼にと、この春入学してきたアニメ専攻の1年生が、新歓返しなる「流しそうめんParty」を開いてくれました。

楽しい流しそうめん!

絵画専攻から借りて来たという竹の樋に、持ち寄った材料を「あ〜でもない!こ〜でもない!」とワイワイ言いながらセッティングして、とにかくそうめんは何とか流れました。
流れ始めれば、後は夢中で食べるだけです。

幹事役は大忙し!
みんな笑顔!


せっせとそうめんや水やお湯を運ぶ1年生。キャ〜キャ〜!言いながら食べる上級生。
そうめん早くゆでろ!オレのめんつゆどこだ〜!ネギ!ネギ!
木々に囲まれたキャンパスの芝生の上で、ヒグラシの鳴き声を聞きながら食べるそうめんの味は格別でした。

最後に記念写真をパチリ!

日が暮れる切る前にササッと後片付けを済ませ、無事終了〜!
造形大アニメーション専攻らしい、爽やかで賑やかな親睦会となりました。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ANIZO 2018

今年も新3年生が中心となり張り切って企画運営しています。
今回初お目見えとなる新作も沢山上映されます。
元気溢れたZOKEI ANIMATIONSをぜひともお楽しみ下さい!
入場は無料!

ANIZO 2018
期間:2018年5月19日(土)
         11:00〜16:30
        20日(日)
         10:30〜16:30
会場:桑沢デザイン研究所
    1Fスペース (渋谷)
入場無料!

詳しくはこちら
ANIZO2018

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK