2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2010年11月の記事

『河井ゆう美』

ZOKEI ANIMATIONSの中から
今日は『河井ゆう美』という作品を紹介しましょう。

作者は河井 ゆう美(かわい ゆうみ)さん、って、そのままやん!?
はい、作者の名前をそのままタイトルにしたこの作品も
3年生の演習授業「アニメーション演習B?」
<私に関するストーリー>の課題作として制作されたものです。

タイトルに自分の名前をそのまま持ってきた!というところも
ユニークな彼女らしい作品となっています。

まずは↓御覧下さい。


■『河井ゆう美』/ 河井ゆう美 2009年(2’48)

河井ゆう美さんは東京造形大学アニメーション専攻領域を
自己PR入試で合格した第5期生。
現在4年生で、来春に卒業を迎えようという在校生です。

エキセントリックながらもポワンとした不思議な雰囲気の彼女
大学では演劇集団「劇団おパンチィ」の創立メンバー
団長として役者ばかりでなく脚本も手掛ける期待の星!

現在卒業制作を必死で絶賛制作中〜!と言う事で
どんな卒制に仕上がるのか!?期待を集めています。

ホンマ
期待してんやからな〜!
頼むでぇ!


(教員:森まさあき)

アニメーション研究B(2)

「アニメーション研究B」は
2年生のためのオムニバス形式の演習授業です。
半期で3人の先生が4週ずつ担当となります。

後期の2人目の先生は、三原三千雄(みはらみちお)先生。
現役バリバリのアニメーターさんです。

現場仕込みの動画術を、熱血指導して下さいます。

まずは動きの理論を理解させてから
動画用紙に描いて!描いて!描いて!
それをすぐにランチボックスで撮って、チェックしてフィードバック!

三原三千雄先生

熱血動画教室

描いて!撮って!チェック!
描いて!撮って!チェック!

熱血動画教室!

教室中に鉛筆の書き込み音が
カリカリカリ・・・

そしてチェック画面を見る歓喜の声が
ひゃ〜!・・・

三原三千雄先生

時間の許す限り、熱心に個別指導も受け付けますが
授業を終えると、現場に走り去っていきます。

まさに「肩で風切るアニメーター!」といった格好良さです。


(教員:森まさあき)

立体アニメーション後期(2)

後期の「立体アニメーション」も進んでいます。
今週の火曜は背景作り。

この日のスタートは、恒例となった
教室の床の掃除&雑巾がけから始まります。

立体アニメーション

懐かしい雑巾がけに学生達もキャッキャ!
教室も綺麗になって、一石二鳥の演習です。ワハハ・・!

立体アニメーション

床にB全の画用紙を貼って、直接床の上での作業です。
まずは好みの色に絵の具を調合します。

立体アニメーション

アニメーションもパソコン作業ばかりじゃ〜ね!
今日は久々に大きな紙を前にして
絵の具とお友達になる日です。

背景作り立体アニメーション立体アニメーション

久々に絵の具まみれになって・・・
なかなかの個性的な背景が出来上がりました。

背景作り背景作り


(教員:森まさあき)

速報!

東京造形大学出身の大山慶さんが、またまた快挙です!

オランダアニメーション映画祭
大山慶さんの「HAND SOAP」が
短編(narrative short )部門でグランプリを受賞〜!

やった〜!どこまで行くんや〜!でも迷わず、いてまえ〜!

ちなみに大山さんは現在
文化庁の支援を受けて新進芸術家海外研修として1年間
カナダ、バンクーバーで創作生活中。

益々大きなアニメーション作家に育つのが楽しみでなりません。
フレ〜ッ!フレ〜ッ!大山〜!

HAND SOAP

HAND SOAP

HAND SOAP

大山慶さんのHP


(教員:森まさあき)

『笑った富士山』

ZOKEI ANIMATIONSの中から1本
今日は『笑った富士山』という作品を紹介しましょう。

作者は唐沢 和也(からさわ かずや)さん
東京造形大学アニメーション専攻領域の第4期生です。

この作品は以前にこのWebZoでも御紹介した
3年生の演習授業「アニメーション演習B?」の課題
<私に関するストーリー>として制作されたものです。

通称<マイストーリー>とも呼ばれるこの課題は
まず自分の経験を元にしたシナリオを作り
それを自身のナレーションで綴るもの。
唐沢さんのお茶目な雰囲気が伺える楽しい作品となっています。


■『笑った富士山』/ 唐沢 和也 2008年(4’04)


3年次にこの傑作を生み出した唐沢さんですが、肝心な卒業制作にはあまりにも超大作に挑み過ぎて、残念ながら完成までは至りませんでした。
しかしその熱意が認められて何とか卒業は果たし、その後東京藝術大学の大学院へと進みました。

横浜にある大学院での研究制作を続けながらも、造形大でやり残した分を気にしていた彼は、つい先日、その未完だった卒業制作をやっと完成させて、送ってくれました。

題名は『ねんりん兄弟とカーボンじい』11分15秒の大作でした。
やはり卒制ともなると制作時間が掛かりますよね〜、って間に合わないのは困りますが・・・。
近々皆さんにその作品も見ていただけるチャンスが作れればと思います。
お楽しみに。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■2017年度 CS祭
  Creative Spiral Festivai
  
今年も東京造形大名物の「CS祭」が開催されます。
学生による自主性を尊重した芸術祭!ということで、毎年様々な作品展やグッズマーケット、バンド、イベント、パフォーマンス、フードコートなど、個性あふれた賑やかなお祭りとなります。
アニメーション専攻でも上映会はもちろん「受験よろず相談」などお馴染みのコーナーから、学生企画てんこ盛りでお待ちしていますので、ぜひ遊びにいらしてください。

2017年度 CS祭
10月20日(金) 12:00-20:00
10月21日(土) 10:00-20:00
10月22日(日) 10:00-20:00

JR相原駅から
無料スクールバスでどうぞ!

2017年度 CS祭

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK