2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

2019年03月の記事

ZOKEI賞副賞MA

今年もアニメーション専攻の卒制作品のうちZOKEI賞を受賞した
★ 『It is love』清水 秋帆
★ 『Boy meets worm』広末 悠奈
★ 『to bee continued』 江連    秋
の3作品に対して、昨年同様にMA作業の副賞が与えられました。

学生たちは普段はパソコンで全ての仕上げ作業を行なっています。
映像が出来上がるとそこに音楽やナレーションや効果音などをつける作業を1人でコツコツとやります。
これがプロの場合、音響のプロの手を借りてスタジオで「MA」と呼ばれる作業で仕上げます。
MAとは「Multi Audio」の略称。録音作業や音のバランス調整など、作品の最終仕上げを行う重要な音響のポストプロダクションです。



特にアニメーションは音による効果がとても大きいので、通常大学内では経験の出来ないプロの手による後処理をぜひとも経験してもらいたい!と、今年もこの道で昔から映画やCMなど数えきらないほどの実績と経験を持つ「アオイスタジオ」さんにMA作業をお願いしました。



さらに今年は音響効果の授業を担当して下さっている伊藤瑞樹先生にも御協力いただき、まさにプロの腕をお借りすることが出来ました。
そんなプロの方たちを相手にして、演出家とし自分の意志を伝えながら仕上げる絶好の学習チャンス!とは言え、これはもう学生たちも大緊張です。



ちょっとしたノイズ音1つにも気を配るデリケートなプロの仕事に驚きながら、3作品が無事にMA作業を終えました。
さらにバージョンUPしたこれら作品を持って、また色々なコンテストに応募して、修行して欲しい!と思います。
頑張れ!ZOKEI ANIMATIONS!


(教員:森まさあき)

卒業式!

今年も八王子オリンパスホールで学位授与式が行われました。



今年は造形大初の大学院博士課程の卒業生が旅立つ!ということで、式典も学長以下博士終了院生が法衣を着て登場!という指向でした。
でも山際学長のその姿、まるでハリーポッターみたい!


あ、それだったら絶対そこに「杖」が要りますよね!
と思い立って、前日に突貫工事で「杖」を作って楽屋で渡しました。
もちろん杖の手元には「エクスペクト・パトローナム」の呪文のカンペもしっかりと貼ってあります。(笑)


式典は進み、学長がいつ杖を振るうのか?ドキドキする中、絵画専攻代表の学部生がセーラー服姿に「カエル」のゴム面を付けて答辞を読むというパフォーマンスを見せました!
よし!ここだ!とばかり「その魔法を解いて女の子に戻してあげましょう!」と魔法の杖を降るう山際学長!偶然のタイミングでしたが、会場爆笑で造形大らしい和やかで楽しい卒業式となりました。


アニメーション専攻、学科生は第13期生の旅立ち。
みんな約束どおり、名前を呼ばれて全員が「はい!」と元気よくニコやかに卒業証書を手にしていました。

あっと言う間の4年間でしたが、それぞれの思いを胸に、新たな未来に向かって元気に羽ばたけ!ZOKEIアニメーションKIDS!


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ZOKEI展
 2019年度 東京造形大学
     卒業研究・卒業制作展
 東京造形大学大学院
     修士論文・修士制作展

今年も「ZOKEI展」の季節となりました。

今年(2019年)度、本学を卒業予定の大学学部4年生および修了予定の大学院2年生の集大成、卒業研究・制作/修士論文・制作を一堂に出展・展示する卒業展です。
今年は3日間の開催。当日は出展・展示のみならず、指導教員からの最終評価により、優秀作品に対しては「ZOKEI賞」が授与されます。受賞リボンがその目印!お見逃しなく!

●日時:
  2020年1月24日(金)~26日(日)
  10:00~17:00
●会場:
  東京造形大学キャンパス内
  (入場無料)
●交通:
  JR横浜線相原駅より
  スクールバス5分(無料)

ZOKEI展2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK