2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

山村浩二新作『ゆめみのえ』完成!

東京造形大学出身で客員教授でもある山村浩二さんの新作『ゆめみのえ』の特別完成披露試写会が渋谷のユーロライブで催されました。
『ゆめみのえ』は鍬形蕙斎(くわがたけいさい)という絵師が描いた「略画式」という本に描かれた、様々な生き物の画を元に、上田秋成の「雨月物語・夢応の鯉魚」に想を得た山村さんが、蕙斎を主人公にアニメーション化した新作アニメーションです。



上映に合わせて、日本語版ナレーションを担当した長塚圭史さん、英語語版ナレーションを担当したロバート・キャンベルさんも登壇しての特別トークも行われ、満員のお客様も大満足の賑やかな完成披露会となりました。


(教員:森まさあき)

しょーた展開催!

今日から京橋ASK?にて『しょーた展』開催中!
アニメーション専攻から大学院に進み、現在は映像制作会社に勤務している「しょーた」こと清水翔太(しみずしょうた)君、初の個展「しょーた展」!本日より開催です。





初めてのギャラリー個展ですが、彼なりに色々と飾りつけも工夫して頑張っています。
最終日には映像に合わせてのライブ・パフォーマンスも予定し、燃えていました、乞うご期待!ぜひともお出掛け&応援下さいませ!
http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/…/2019/7_shimizu/shimizu.html


(教員:森まさあき)

オープンキャンパス開催!

今年のオープンキャンパスはお天気イマイチ!
特に2日目の日曜日は朝から雨模様!キャ〜!
しかし、雨ニモマケズ、沢山のお客様に御来場いただきました。感謝!

アニメーション専攻では8号館3階の専攻教室での上映や展示、ワークショップに相談会に合わせて
初日の土曜日には、恒例となりました4-E教室で「前期大講評会」を開催!
4月から始まった前期の授業成果をギュギュッとまとめた講評会。
今年はとても濃〜い内容の熱い熱〜い会となりました。



またオーキャン名物、森ゼミのパフォーマンスも、ストリートパフォーマンスを加えた、まさに「SYN-KA」バージョンでキャンパス内を賑わしました。





御来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!


(教員:森まさあき)

学業優秀奨学金授与式

東京造形大学では年間の学業成績優秀者に対して、桑沢学園から学業優秀奨学金が授与されます。

奨学金制度には色々な形態がありますが、これは給付型、つまり「あなたはこの1年、学業成績が優秀でしたので、今後ますますの励みとなるように、ご褒美に奨学金を差し上げます!」というタイプ。ありがたやありがたや!

前年度の成績が反映されるので、対象者は2〜4年生、各専攻から1名ずつ。金額は1人20万円!
東京造形大学は10専攻あるので10×3=30名が選ばれ、今年の授与式は7月10日学内にて行われました。
賞状と目録を授与されて、みんなニッコニコ!先生や職員さんもニッコニコ!



アニメーション専攻からは
4年生 松本悠里(まつもとゆり)
3年生 石川  葵 (いしかわあおい)
2年生 安藤友梨香 (あんどうゆりか)
の3名がめでたく授与となりました!



良く頑張りましたね!
真面目にやっていれば、絶対にいつかイイことがあるんだ!
これを励みに、ますます頑張るんだぞ〜!
おめでとう!おめでとう!
パチパチパチ!


(教員:森まさあき)

「しょーた展」開催!

「人を愉快にするアニメーション」を目指して、東京造形大学アニメーションを卒業後さらに造形大大学院に進み、昨年無事に終了した「しょーた」こと清水翔太(しみずしょうた)君が、初の個展を開きます。その名もズバリ「しょーた展」!



2018年のASK?映像祭で彼の短編アニメ作品『がんばれよんぺーくん』がASK?大賞を受賞し、その御褒美としてASK?を会場としての個展が実現したんです!パチパチパチ!

最終日にはライブショーも計画中とか・・・何が飛び出すやら?
ぜひとも、お出掛け下さい!

■「しょーた展」
■ 2019年7月22日(月)〜27日(土)
■ 入場無料
■ ASK? 2Fギャラリー(京橋)
東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F/B1F

くわしくはこちら


(教員:森まさあき)

ZOO開催中!

造形大アニメ専攻を卒業したOB&OGたちの上映会「ZOO」が、この週末に原宿で開催されています。
場所はJR原宿駅から竹下通りを抜けて明治通りを渡り、そのまま道なりに真っ直ぐ進み、しばらく進んだ左の電柱に「原宿デザインフェスタはこちら←」の看板がある路地を左に入ったデザインフェスタWESTの2階2−A!




昔アパートだった建物をギャラリーに改装した、原宿名物のアートスペースです。




卒業して仕事しながらもなお、アニメ専攻生は自主制作を続けて上映会を開く!という、まさに「スズメ百までアニメを忘れず!」素晴らしい、その心意気に拍手!



3日間限りのイベントですが、ぜひ今週末、原宿に応援にお出掛け下さ〜い!
詳しくはこちら


(教員:森まさあき)

専攻領域説明会

本日6月8日(土)・9日(日)の2日間。恒例の専攻領域説明会が開催されます。
造形大学への入試をお考えの方、特にAO入試に関して御質問のある方は、是非とも御来場ください。
両日ともにプレゼンテーションも開催!また過去のポートフォリオなども御用意してお待ちしております。



2019年
6月8日(土) 13:00~17:00
6月9日(日) 10:00~13:00
プレゼン会場 : 12号館(101教室、201教室)
相談会場 : 9号館(CS-Lab)
※予約不要(直接会場へお越しください)





今年は2日目の終了後に大学院の事前面接がある関係で、終了時間が例年より短いので、開催時間に御注意ください。
詳しくはこちら


(教員:森まさあき)

森ゼミ、只今準備中!

毎年オープンキャンパスを賑わす森ゼミのパフォーマンス。
今年も虎視眈々、色々と企んでいます。



今日は、白塗りの練習!
どこまで本番に使えるか?日常からぶっ飛んでHiな気分になるための魔法みたいなものです。



仮面のような白塗りベースを作って、そこに各自自由にペイント!



2日間あるオープンキャンパス。
どんなとこになるのやら・・・



オープンキャンパスは7月13日(土)と14日(日)の2日間。
まだちょっと時間があるので、これから色々と企みは増長致します(笑)
御期待下さ〜い!


(教員:森まさあき)

ANIZO2019

5月18日(土)19日(日)の2日間、渋谷の桑沢研究所1Fスペースにて
ANIZO2019、絶賛開催中です!



プログラムはA・B・Cの3つ!
この2日間のために、色々と用意したDVDやグッズの数々も、笑顔で販売中〜!



会場後方には撮影素材の展示も!



この週末、ぜひとも渋谷にお出掛け下さ〜い!


(教員:森まさあき)

木船先生の還暦を祝う会

木船徳光先生と園子先生、造形大で知り合い結婚されて、IKIF(アイケイアイエフ)というユニット名で活動、仲良しおしどり夫婦のお二人が、今年揃って還暦を迎えられる!ということで、関係者および造形大の歴代の教え子たちが集まって、お祝いの会を開きました。



沢山のお祝いメッセージを受けて、ニコニコと微笑む、2つ並んだ赤いちゃんちゃんこ!



2人の恩師である、かわなかのぶひろ先生も御登場!



かわなか先生がいらっしゃるのなら、何か作らねば!と、この日のためにカラーLEDを使った新作の「驚きゴマ」マシンまでも張りきって用意した御夫妻。



蛇腹折りの原稿を広げて長い祝辞を読む小出正史先生など、ワイワイと賑やかな会となりました。



造形大卒業後、今や映像制作会社などで、それぞれ活躍する沢山の教え子たちの笑顔に囲まれたお二人を眺めると、アニメーション専攻が生まれた16年前の、そのさらに前時代からアニメーション教育に携わったお二人が、大学での教育とIKIFという活動で、日本のアニメーション界に与えた影響は計り知れないものだ!と改めて感じました。



更なる御指導と御活躍を!
おめでとうございます!


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ICAF2019
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 2019

全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションフェスティバルです。2002年に始まり今年で17回目を迎えます。
ここに集められた作品群を観ることで、学生アニメーションの今、最も新しいエネルギー、そして未来を感じていただけると思います。ぜひとも「学生アニメーションの最前線」にお出掛けください!

■ 2019年9月26日(木)〜29日(日)
■ 国立新美術館
 (3F講堂・研修室)
■ 入場無料
■ スケジュールなど
 詳しくはHP → www.icaf.info


ICAF2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK