2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ANIZO2日め

今日はのんびりと出かけました。雨が少し降り出したころ、桑沢につきました。

anizo11b01

今日の入り口、

anizo11b02

受付のノートパソコンで映像を流していました。パソコンを買ったばかりなのでうれしかったようです。新製品についているビニールをはがそうとしたら、怒られました。

anizo11b03

ちょうど上映が始まった所で、正面入り口は閉まっていたので、横の入り口に回りました。

anizo11b04

案内の学生に入れてもらうと、今日も中は盛況でした。

anizo11b05

高校生や、小学生も来てくれたようです。

anizo11b12

昨日載せ忘れた、立体の展示物と

anizo11b06

驚き盤を観ている所です。

anizo11b11

今日は工芸大の学生が大勢、観に来てくれました。

上映終了後、造形アニメ研前会長が、東京工芸大学のANIZOやアニメ研にあたる、KOA、何でも動かす会の代表と造形アニメ研の会長たちを引き合わせていました。

anizo11b07anizo11b08

そのうちそれぞれの会員同士が集まってきて、

anizo11b09

全て片付け終わった会場で、集合写真を撮っていました。

anizo11b10

ただ上映するだけでない、色々あって楽しい会でした。


(教員:木船徳光)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ICAF2019
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 2019

全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションフェスティバルです。2002年に始まり今年で17回目を迎えます。
ここに集められた作品群を観ることで、学生アニメーションの今、最も新しいエネルギー、そして未来を感じていただけると思います。ぜひとも「学生アニメーションの最前線」にお出掛けください!

■ 2019年9月26日(木)〜29日(日)
■ 国立新美術館
 (3F講堂・研修室)
■ 入場無料
■ スケジュールなど
 詳しくはHP → www.icaf.info


ICAF2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK