2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

MY STORY

夏休みが開けて、やっと授業も再開しました。
今年は大震災の影響で新学期のスタートが5月の連休以降になった上に
夏休みは節電のためにキッチリ休むように!というお達しがありましたので
休みが明けてからはまず前期授業の残りを消化するところからの始まりです。

今は補講期間。来週から続いて始まる後期授業との切り替え期間です。
今週末には恒例となっている「大講評会」が開催予定です。
前期の授業課題を抜粋した全学年合同の大講評会ですので
東京造形大学のこの半年の成果がザクッと一目で見渡せます。

前々回にこのWebZoにも書いた、3年生の前期「アニメーション演習 B I」の課題「私に関するストーリー」も夏休みの間のブラッシュアップを経て、新作が上映されます。今年はどんなストーリーが登場するか?楽しみです。

さて今日は、昨年この授業から生まれた作品を1本御紹介しましょう。
その名もズバリ「MY STORY」

3年次編入で東京造形大学にやってきたイ ヘスンさんの作品です。


■『MY STORY』/イ ヘスン  2010年(3′11)


韓国出身のイ ヘスンさんは、日本工学院八王子専門学校でアニメーションを学んだ後に、編入学生として造形大にやって来ました。

それまでの2年間、専門学校でアニメーションを学んだとは言え、大学という新しい環境の流れに乗るのは難しく、おまけに編入生には造形大学に早く馴染んで貰うために3年生の授業に加えて2年生の演習授業も同時に受けて課題をこなすように指導するので、特に始めの1年間はとてもハードで大変な日々となります。

しかしヘスンさんは、それら課題をサクサクとこなし、どの課題でも優秀な作品を残し、今ではクラスでも一番の実力を持つスゴ腕の優等生にまで成長しました。そんな彼女のパワーに負けじと、同級生たちもとても良い刺激を受けています。

現在4年生。卒業まであと半期を残すヘスンさんは今、卒業制作に取りかかっています。東京造形大学での最後を飾るその作品に、みんな大きな期待とエールを送っています。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF2017
今年もICAFの季節がやって来ました。アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりを一同に会した夢のフェスティバル。今年の参加校は28校。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)
       〜18日(祝)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他スケジュールなど、今年の詳細はこちら


ICAF2017

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK