2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

アニメーション研究C

身体表現02

前期の木曜日午前中1〜2限は「アニメーション研究C」
6週間ずつ違う先生が担当し、色々なアプローチからアニメーションを研究する3年生のための授業。

後期に続く「アニメーション研究D」と合わせると、1年間に4人の先生からそれぞれ違った手ほどきを受けられるのがポイントです。

身体表現01

今進んでいるのはパントマイム伝道師<シスターひろみ>こと
細川紘未先生の担当する『身体表現』。

シスターひろみ先生

身体の各部分が、どういうメカニズムによって動くのか?
自分の身体を使って知り!感じ!動く!

第5回目となる本日のお題の1つは「ムーン・ウォーク!」
足の動きと姿勢、タイミングとバランスに注意をしながらチャレンジ!
あの独特のスムーズな動きを上手く自分のものに出来るか!?

ムーンウォーク

それにしても、朝から身体を動かすのって気持ちイイ〜!
って、張り切りすぎて、続く午後の授業で居眠りしないことを祈ります。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF2017
今年もICAFの季節がやって来ました。アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりを一同に会した夢のフェスティバル。今年の参加校は28校。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)
       〜18日(祝)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他スケジュールなど、今年の詳細はこちら


ICAF2017

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK