2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ZOKEI賞

ZOKEI展
前日は雪!当日も雨模様!と
天候は今ひとつでしたが、大勢の方にお越し頂いて
御陰様で無事に終える事が出来ました。
ありがとうございました。

会場入口

展示コーナーも大盛況!個別視聴コーナーも大盛況

前回の日記にも書きましたように
初日の土曜日に展示会場内で優秀作品賞とも言えるZOKEI賞の発表がありました。

まずは第1ステップ、ZOKEI賞のノミネート作品の発表。
それぞれの学生の展示パネルに、ノミネートシールが貼られていきます。

ノミネートシールをペタリ!

ZOKEI賞
アニメーション専攻領域の中からは
ノミネート作6作、が予定数でしたが
今年はみんながんばって優秀作が多かったこともあり、予定を上回った
ノミネート作8作、が決定されました。

沢山の卒業制作の中からノミネート作に選ばれるだけでも名誉なことです。
晴れの卒業展ということもあり、会場には親御さんもいらっしゃって、教授たちに囲まれて一緒にノミネートを喜ぶ姿もあり、とても微笑ましい雰囲気でした。

思いがけないノミネートに涙!佐藤真希さん

そして午後にはその中からいよいよZOKEI賞の発表!
今年はノミネート作のうち、さらに3作がZOKEI賞に輝きました。
結果は以下の通り。

■ZOKEI賞
斉藤 円香 「JINGIWIKI」
小田 沙耶佳「エデンの恋」
イ ヘスン 「HAND」

■ノミネート
梅本 唯  「金持ちとどろぼう」
佐藤 真希 「マジックアワー」
杉田 あゆ美「ヌーヴォーロマン」
西澤 都  「ジャガイモ娘」
輪島 玲奈 「行く手を阻むモノの声」

これらの作品を含む卒業作品上映展
「卒ZO展」は、3月10日(土)11日(日)に
渋谷の桑沢デザイン研究所1Fスペースにて開催を予定しています。
もちろんこれ以外の作品も見所満載!
今年のZOKEI ANIMATIONSは元気一杯です!
どうぞお楽しみに!


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ANIZO 2020 
  東京造形大学
  アニメーション専攻上映会

今年もまたアニメーション専攻の学生たちによる自主上映会「ANIZO」が計画されています。
予定では5月16日(土)・17日(日)の2日間の開催でした。
しかし御存知のように緊急事態宣言も発動された新型コロナウィルス感染拡大予防の影響で、残念ながら上映イベントは自粛!ということになりそうです。
新3年生も含めイベントスタッフも張り切っていたのに残念です。
今年はアニメーション専攻の新2年生になった佐藤涼(さとうりょう)さんがイラストを描いてくれました。
幻の「ANIZO 2020」のポスターとなりそうですが、せっかくですので、ここにビジュアルを載せておきます。
また安心して笑顔で上映会が開催されるよう、状況が好転することを願っています。

ANIZO2020

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK