2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

anizo1日目

観てきました。いつもそれなりに面白いのですが、今年は各プログラムのバランスがよく、今までで一番面白いANIZOでした。先生バカという話もありますし、過度に期待してくるとがっかりするので、あまり大きな声では言いませんが、明日時間がある人は渋谷の桑沢デザイン研究所に観に来てください。

入り口にポスターがありました。

anizo1101

入ってすぐに受付があります。慣れない接客を頑張っていました。

anizo1102

開始の挨拶も当たり前のようですが、顔を出してやっていました。

anizo1103

初回はあまりお客さんがいませんでしたが、午後は寂しくない程度に入っていました。1年生が大挙してやって来た時は、受付が大変そうでした。手前に写っているのは4年生ですが。

anizo1102canizo1111

anizo1105anizo1104

上映だけでなく動画や、立体アニメーションのセット、驚き盤等の展示物もありました。みんな熱心に観ていました。

anizo1108anizo1109anizo1115anizo1110

司会も交代でやっていました。

anizo1107

機材のトラブルで、焦っている場面もありました。温かい目で見てやってください。

anizo1102banizo1114anizo1113

卒業生も何人か来てくれました。森先生と談笑する2人です。元気そうでした。

anizo1106


(教員:木船徳光)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ICAF2019
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 2019

全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションフェスティバルです。2002年に始まり今年で17回目を迎えます。
ここに集められた作品群を観ることで、学生アニメーションの今、最も新しいエネルギー、そして未来を感じていただけると思います。ぜひとも「学生アニメーションの最前線」にお出掛けください!

■ 2019年9月26日(木)〜29日(日)
■ 国立新美術館
 (3F講堂・研修室)
■ 入場無料
■ スケジュールなど
 詳しくはHP → www.icaf.info


ICAF2019

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK