2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

大山慶

18日(日)10時からオープンキャンパスで特別上映をやる大山慶さんに、宣伝のため何か書いてよ、メールしました。以下彼から返ってきた自己紹介です。

はじめまして。大山慶と申します。
僕は東京造形大学の映像芸術コースを2005年に卒業、大学院を2007年に修了いたしました。

大学3年生の頃からアニメーション作品を制作し始めたのですが、映像コースに在籍しながら本格的にアニメーションを作ることが出来たのは、専攻外の授業を受講することが出来る造形大学の特徴的なシステムのおかげだと思っています。木船徳光先生や山村浩二先生達に今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

卒業制作として制作した『診察室』は学生CGコンテスト、BACA?JAなどでグランプリを受賞、カンヌ国際映画祭監督週間に招待されるなど、大きな評価を得ることが出来ました。オムニバス映画『TOKYOLOOP』(06)への参加を経て、愛知芸術文化センターのオリジナル映像作品として『HANDSOAP』(08)を制作。

132

この作品はオーバーハウゼン国際短編映画祭で映画祭賞、ヨコハマ国際映像祭優秀賞、チェコのAnifest審査員特別賞を受賞、さらに、アヌシー、ザグレブ、広島と、権威ある大きなアニメーション映画祭で上映していただくことが出来ました。

自分の作品が世界中の人々に観てもらえるようになり嬉しい反面、『短編アニメーション』というものが世界的にも文化として十分には根付いていないという事を実感し、問題意識を持つようになってきました。ただただ作品を作っているだけではなく、現状のシステムを変えるような動き、社会に対する働きかけをする必要があると感じ始めたのです。

先日、仲間の若手作家とともに、日本の映像作品を国内外に販売するインディーズレーベル「CALF」を立ち上げました。これは、世界的に高く評価されながらも、なかなかソフト化されない日本の若手映像作家の作品集を、自分達の手で自ら販売していこうという試みです。音楽の世界ではインディーズレーベルは珍しいものではなく、むしろ大手メジャーレーベルではリリース出来ない意欲的なものを発表する場として注目を集めています。現在、8月の販売開始に合わせ、様々なイベントを企画中なので、是非一度ホームページをご覧いただき、ご興味を持っていただけた方はメールマガジンにご登録していただけたらと思います。

chirashi_ura02

http://calf.jp/

7月18日のオープンキャンパスでは、学生時代の作品から最新作まで自作をを全て上映し、メイキング映像を流しながら作品についてお話したいと思います。朝早いのですが、足をお運びいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!


(教員:木船徳光)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■ ANIZO 2020 
  東京造形大学
  アニメーション専攻上映会

今年もまたアニメーション専攻の学生たちによる自主上映会「ANIZO」が計画されています。
予定では5月16日(土)・17日(日)の2日間の開催でした。
しかし御存知のように緊急事態宣言も発動された新型コロナウィルス感染拡大予防の影響で、残念ながら上映イベントは自粛!ということになりそうです。
新3年生も含めイベントスタッフも張り切っていたのに残念です。
今年はアニメーション専攻の新2年生になった佐藤涼(さとうりょう)さんがイラストを描いてくれました。
幻の「ANIZO 2020」のポスターとなりそうですが、せっかくですので、ここにビジュアルを載せておきます。
また安心して笑顔で上映会が開催されるよう、状況が好転することを願っています。

ANIZO2020

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK