2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

『手紙』

年末になり、今年も卒業制作の〆切がそろそろ近付いてきました。
東京造形大学で4年間学んだ、その総まとめとも言える記念すべき卒業制作!

その場しのぎの、やっつけ仕事では、天下の「卒制」とはなりませんし
かと言って、あまりに壮大なものを計画すると、完成しきれず自爆します。
卒制って難しい・・・。

今年はどんな「卒制」が揃うか!?
ちょっと心配しながら、先生たちも心配で
わくわくソワソワする、そんな季節です。

そんな今日は、過去の卒業制作から1本
『手紙』という作品を紹介しましょう。

作者は小林 千草(こばやし ちぐさ)さんと島 朋子(しま ともこ)さん
東京造形大学アニメーション専攻領域の第3期生です。

共同制作で作られたこの作品は
マイ・ストーリー的な内容ですが
卒業制作のために作られた、しっとりとした作品です。

まずはご覧下さい。↓


■『手紙』/ 小林 千草・島 朋子 2009年(4’59)

小林千草さんは卒業後も、さらなる画力のスキルアップに悩んでいたそうですが
現在はNPO系の教育機関会社で元気に働いています。

一方、島朋子さんは本学の木船徳光先生の元、3DCGスタッフとして働きつつ
現在も造形大学の助手役として週に月・土の2日間
アニメーション教室の世話係を担当してくれています。

先輩たちに助けられて明日に向かって進む、造形大のアニメーション専攻領域。今年の4年生も、良い意味で「戻り鮭」のように元気に大学に還元してくれると良いな〜。って、あっ、決して「出戻り」とか「留年」とかって意味ではなくね・・・。ハハハ・・・。


(教員:森まさあき)


↑ move to top of this page

ZOKEI ANIMATIONS

PICK UP !

■インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF2017
今年もICAFの季節がやって来ました。アニメーションを教育として教えている全国の大学、大学院、専門学校の学生作品、しかも新作ばかりを一同に会した夢のフェスティバル。今年の参加校は28校。

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル ICAF 2017
会期:2017年9月15日(金)
       〜18日(祝)
会場:国立新美術館
   (東京都港区六本木7-22-2)
   3F講堂+研修室
入場:無料

東京造形大学の作品上映は9月17日(土) C-2 プログラム(14:20〜)となります。
その他スケジュールなど、今年の詳細はこちら


ICAF2017

■アニメーション専攻領域について

今や国際的にも認められる日本のアニメーション文化。東京造形大学のアニメーション専攻領域は、他に先駆けて本学が着目してきた領域です。単なるオタク・アニメではなく、アートや実験映像、CGやパペットなど、様々なアプローチからその理論や技術、そして現象を研究し、新たな表現手段の可能性を幅広い視野を持ってバランス良く実践的に学べることを目指しています。

LINK